【小顔を手に入れる方法】顔のたるみの原因は姿勢にあった!?

現在あなたは、この文章をどのような姿勢で読まれていますか?

背中が曲がっていたり、首が前に出ていたり、その姿勢が小顔を遠ざけているのです。

美人の代名詞といえば小顔、可愛いといえば小顔、加工写真にも小顔は必須と言われている現代。

「小顔になりたい!」と思っていも、美容矯正や骨格矯正は費用問題などでハードルが高いですよね。

現在よりも輪郭を小さくする為に、わざわざ大金や施術時間をかけて大変な思いをしなくても大丈夫です!

毎日の積み重ねや少しの努力を行うことで輪郭に変化が生まれます。

こちらの記事では、普段の生活努力で小顔を目指す方に向けての情報や、小顔グッズについてご紹介いたします。

目次

小顔はどこから?境界線と特徴

実は医学的、美容業界的な言葉に『小顔』という定義はありません!

世の女性の憧れの小顔ですが、実はその基準というものは曖昧なものだったのです。

一般的にはプロポーション要素(人体比率)で考えると、7頭身以上=顔が小さいと言われています。

まずは日本人の平均的なサイズから見ていきましょう。是非、メジャーを用意して判断してみてください。

顔の長さの平均顔の横幅の平均
男性23.3㎝男性16.1㎝
女性21.8㎝女性15.3㎝
顔の長さは、生え際から顎先まで、顔の横幅はこめかみからこめかみまでを測定しています。

上記の表の数値より小さい方は一般的に『小顔』ということになります。

TikTokの『頭身診断』で簡単に調べることができます。(正確に測れるかどうかは定かではありません。)

結局のところ全体で見た時の顔と体のバランスが最も大切と言えます!

小顔が遠ざかる3つの原因

日本人の平均的な顔のサイズを紹介しましたが、以下のような声もよく耳にします。

  • 「顔の大きさは生まれつき」
  • 「エラが張っているからどうしようもない…」
  • 「むくみやすい体質だから仕方ない」

しかしこれらは、生まれつきでも、遺伝が原因でもないかも知れません。

普段私たちが過ごしている生活の中で、無意識に繰り返されている行動が小顔を遠ざけていることも…。

食いしばりによるエラ張りや、猫背によっておきる顔のたるみは、改善できる可能性を誰もが持っています。

原因① 姿勢

私たちの全身は1枚の皮で包まれており、筋肉や組織も全てつながっています。

現代人に多い長時間のデスクワークやスマートフォンの見すぎは、顔のたるみの原因です。

自然とうつむいた状態が続くため、首が引っ張られることで背中が丸まり、猫背・ストレートネックになっていくのです。

その状態が続くと血行やリンパがうまく流れずむくみ、たるみ、二重顎へと繋がります。

また頬杖をつく行為も要注意です!

常にほっぺたに圧力がかかることで顔のバランスが崩れ、歪みやシワにつながります。

歪みだけでなく、口元への圧力はほうれい線が目立つ原因でもあるのです。

これらは若い時は感じなくても、年齢を重ねるにつれ現れ始めるため早めの対策が必要です。

原因② 顔の運動不足

『顔の運動』と言う言葉聞いたことありますか?口元や、頬を動かさないでいると顔の筋肉も運動不足に陥るのです。

顔の運動不足により筋肉が衰えると皮膚を支える力が低下し、たるみを引き起こします。

そこで最も大切なものは顔全体に広がってる表情筋です。

運動不足で体にメリハリがなくなるように表情筋の衰えにより、フェイスラインが崩れていきます。

表情筋の衰えは老け顔の原因でもあります。

原因③ ストレス

ストレスは睡眠不足・食いしばりを習慣化させていきます。

ふとした時、無意識に歯ぎしりや食いしばりをしていませんか?

食いしばりの際にかかる咀嚼筋(そしゃくきん)という筋肉が、エラ張りを発達させている原因です。

エラ張りは顔の輪郭までも変えます。

笑顔の回数は美顔の象徴⁉

ストレスの溜めこみで『笑顔』減っていませんか?

笑顔が減る=口元の筋肉を使わない。ということに繋がります。

口周りの筋肉が衰えると、たるみ・口角を下げる等、どんどん美顔から遠ざかってしまいます。

ぱっと見ても、口角が下がっている方は不機嫌そうに見えてしまうのであまり良い印象はありませんよね。

ストレスは第一印象で最も大切と言われている表情にも影響を及ぼしているのです。

おすすめの食べ物

小顔アプローチへの第一歩として重要なのがむくみのコントロールです。

体内での水分コントロールは食事で整えることが可能となっています。

1.『アボカド』『トウモロコシ』『バナナ』『海藻類』

これらは余分な塩分、水分の排出、筋力低下の防止、熱を溜めにくい身体を内側から作る効果が期待できます。

2.『セロリ』

余分な熱を取ってくれる食物繊維がたくさん含まれているセロリは凝り固まった筋肉に最適な食材です。

また食物繊維は余分な熱を取ってくれる効果も期待できます。

他にも精神的安定を促す効果があることから、健康な体を作るのに必要な食材と注目されています。

3.『ガム』『スルメ

よく噛むことでフェイスラインをシャープにする手助けをしてくれます。

30回以上噛み続けても味が残るので「たくさん噛む」という行為も苦じゃなくなりますね。

これらの食べ物を、普段の食に取り入れることにより、小顔へ近づくことができるます。

正しい生活習慣

生活の中には、小顔になるためのポイントがたくさん隠れています!

姿勢の改善

  長時間のスマホ使用による猫背形成や、足組みや頬杖などの過度な負担を意識する。

適度な運動

  運動不足、塩分の過剰摂取、夜更かしなどが引き起こすむくみに気を付ける。

セルフマッサージ

  寝る前や起きた時の隙間時間で、リンパを流し顔をすっきりさせる。

ストレスフリー

  休息したり、好きなことをしてストレスが溜まりにくい身体をつくる。

少しの意識と行動で小顔は作ることができます。

無理して一気に全て行うのではなく、自分にあったペースで小顔へ近づきましょう!

小顔グッズ

美顔の手助けをしてくれるアイテムを3個紹介します。

※全ての画像公式サイト引用

Medi Lift

たった10分で…⁉

ただただ付けるだけ。それだけで効果が実感できる小顔ベルトです。

顔の下半身全てを覆ってくれるマスク型で作られているため、付けるだけで適切な位置へアプローチをしてくれます。

家事をしながら、スマホを見ながら、仮眠しながら、少しの隙間時間で表情筋ケア♪

強さも選べ、10分経つと自動的に電源offしてくれるため使用する上でも安心感があります。

大顔の原因でもあるたるみや、むくみを改善してくれる商品です!

詳しい詳細はコチラ

フェイストレーナー

咥えるだけで口元トレーニングができる美容グッズです。

加えたまま『い』『お』の動きをするだけで、表情筋を鍛えられる優れものです!

年齢を重ねていくことで悩まされるほうれい線や、たるみ防止のためのリフトアップ効果への期待ができます。

特に今はマスク生活で口元を動かす機会が減っているので、トレーニング不足に陥っている方も多いのではないでしょうか?

1000円以下で購入可能なフェイストレーナーを使い、鍛えてきましょう!

NEWAリフト・NEWAリフト+

皮膚科医開発!!

『肌の引き締め』ただ1つの効果のみに集中して作られた美顔ローラーです。

その他余分な効果は一切含まれていないのため、専用ジェルからローラーまで全てが『肌の引き締め』へ特化しています。

スマホより軽い117gで作られているので、手疲れせずに使用することができますよ♪

使い方も簡単!専用ジェルを塗り、肌の上でクルクルと動かすだけです。

試して買えるレンタル商品も展開しているので、1度ご体験をしてから購入可能となってします!

詳しい詳細はコチラ

このように小顔は様々な方法で手に入れることが可能です。

ぜひ、ご自身にあったやり方で小顔を手に入れていきましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる