新宿駅ちかくで食べたい「洋食屋」老舗ぞろいで昭和レトロを味わう

東京にいるなら、くるなら行ってみたい。あんな街、こんな街。山手線に乗って小さなしあわせを探す、山手線グルメ途中下車の旅。今日は「新宿」です。

世界最大の乗降数でギネス記録にもなった「新宿駅」。数々のオフィスビルが軒を連ね、昼時にもなるとオフィスワーカーたちと観光客であふれかえります。多くの人が行き交う場所だからこそ、飲食店も安くて美味しいお店が多いのが特徴。今日は、そんな新宿駅近くの「洋食屋」の名店をご紹介。

目次

アカシア

新宿駅近くの洋食屋といえば、まず最初に浮かぶのは「アカシア」で間違いないでしょう。

1963年創業、新宿アルタの裏手に位置する老舗の洋食店です。名物はなんといっても「ロールキャベツシチュー」。食べるだけで心も体もほっこりしてきます。

アカシア 新宿本店
住所:東京都新宿区新宿3-22-10

はやしや

新宿の老舗の洋食屋といえば「はやしや」を忘れてはなりません。

創業は1949年。三平ストアのビルの5階にあります。駅近くとはいえ、ビルの5階でひっそりしているかと思いきや、さすがの名店でどの時間帯もお客さんが途絶えない人気店です。テレビ番組でも紹介された「オムライス」はレトロで懐かしいと人気。「昭和のプレート」と名付けられた、洋食屋のオールスター的な盛り合わせも最高のビジュアルです。

はやしや
東京都新宿区新宿3-22-12 新宿サンパークビル 5F

グリル満天星

新宿駅東口から徒歩3分、伊勢丹会館の4階にある洋食店「グリル 満天星」。

伝統のデミグラスソース(お店ではドゥミグラスソースと書いています)は、昔ながらの調理法にこだわってバターは使わずに香味野菜と牛骨、スジ肉を焼いてから煮出すまさにホンモノ。煮込み続ける時間は、なんと1週間。そんなデミグラスを堪能できる「オムレツライス デミグラス」は食べておきたい一品です。

グリル満天星 新宿店
東京都新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館4F

ビフテキ家あづま

もうちょっとガツンといきたい人のために最後に紹介するのは「ビフテキ家あづま」。

実は創業が1946年と老舗中の老舗なのです。そんな老舗の創業当時からあるメニューが名物の「もち豚のじゅうじゅう焼き」。バターの香り、敷き詰められたキャベツの上に乗せられた豚肉に、たっぷりかけられるオリジナルのオニオンソース。これだけでご飯がいくらでも食べられちゃう最強フードです。

ビフテキ家あづま
東京都新宿区新宿3-6-12 藤堂ビル1F・B1

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる