LINE NFT、アイコンにNFTを設定「プロフィールNFT」提供開始

NFTマーケットプレイス「LINE NFT」が、メッセージアプリ「LINE」のプロフィールアイコンにNFTを設定が可能な「プロフィールNFT」機能の体験版の提供を開始しました。

LINE NFTは、簡単な操作・決済方法でNFTの購入および取引が可能なLINEによるNFTマーケットプレイス。2022年4月のサービス開始以来、キャラクターやアニメ、スポーツ、アーティストなど幅広いジャンルのNFTを約7万点販売しています。購入したNFTは、「LINE BITMAX Wallet」に保管でき、LINEに登録した友だちと交換することも可能です。

今回発表されたプロフィールNFTは、保有しているNFTをLINEのプロフィールアイコンおよびLINE NFT上のマイページへ設定できる機能の体験版。LINE NFT上でNFTを購入し、マイページでNFTを選択すると、LINE NFTとLINEのプロフィールに同時に設定できます。プロフィールアイコンに設定できるNFTは、LINE NFT上で検索可能です。

今回のプロフィールNFTの実装に伴い、同機能で使用できる「プロフNFT by Minto」もリリースされ、第1弾では、うさぎのキャラクター「うさぎゅーん!」と「ミミくるガールズ」がラインナップされています。

うさぎゅーん!NFTは、3種類が100セット(計300セット)販売され、価格は1セットにつき600円。ミミくるガールズNFTは10点が発行され、価格は525円。即日完売となり、すでにLINE NFTでは二次流通もはじまっています。

また7月22日からは第2弾の「おもちシスターズ」もリリース予定。現在、プロフNFT by MintoのNFTはLINEの友だちに送ることはできませんが、後日可能になるとのこと。

LINE NFTを展開するLINE Xenesis社は、プロフィールNFT機能の発表にあたり、「LINE NFTでは、9,200万人以上が日常のコミュニケーション手段として利用するLINEアプリから簡単に始められるという利便性、豊富なラインナップという強みに加え、グループ企業との協業を通じて、様々な体験をユーザーの皆さまに提供していく予定です」としたうえで、「今後は、プロフィールNFTのコンテンツを拡大し、今回の体験版サービス提供によって得られた知見をサービスの品質向上に活かしてまいります」とコメントしています。

なお、NFTをプロフィールアイコンに設定する機能は、Twitterがすでに提供しています。ただし、現時点では「Twitter Blue」という有料会員に限定してローンチされていて、さらにiOSアプリのみの提供。

Twitter Blueは、月額2.99$で様々な機能が提供される有料サービスで、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでのみ提供されており、日本はまだ申し込むことができず、今後利用可能になる予定です。

Twitterの場合、プロフィールアイコンをNFTに設定すると、アイコンの形が円形から六角形に変化します。一方、LINEは現状NFTをプロフィールアイコンに設定しても、通常のアイコンと見た目が変わることはありません。

あわせて読みたい
Twitter、アイコンにNFT設定機能。まずは有料会員から Twitterは、プロフィールアイコンにNFT画像を指定できる機能を、一部のユーザーを対象にローンチしました。 https://twitter.com/TwitterBlue/status/14842264947086622...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる