サンリオ、NFTコレクション「ハローキティとなかまたち」リリースへ

サンリオが、Web3プラットフォームの「RECUR(リカー)」とコラボし、人気キャラクターのハローキティらのNFTコレクション「Hello Kitty and Friends(ハローキティとなかまたち)」をリリースすることが発表されました。

サンリオは、辻信太郎氏が1973年に設立したキャラクタービジネス企業。「キティちゃん」の愛称で知られるハローキティ、マイメロディやポムポムプリンなど、400種を超えるキャラクターグッズの企画・販売、ライセンスビジネス、テーマパーク事業を展開しています。

サンリオとコラボするRECURは、ファンがNFTを通じてデジタル製品やコレクターズアイテムを購入、販売できるブランド体験を設計、開発しているWeb3プラットフォーム。NFTの発行には、環境負荷が軽いとされるPolygon(ポリゴン)を使用しています。

両社は2021年11月、ハローキティのNFT展開や、ファン重視のプラットフォーム構築を目的に、戦略的パートナーシップの締結を発表していました。

今回発表された「Hello Kitty and Friends」は、ハローキティとなかまたちがツアーガイドになり、世界の8つの都市を旅するというコンセプトのNFTコレクション。様々なイベントに挑戦すると、新しいコレクションが獲得できるそうで、そのうち2都市はRECURの独自NFT「RECUR PASS」を保有しているユーザーのみがイベントに挑戦できるようです。

登場するキャラクターとしてはハローキティをはじめ、マイメロディ、シナモロール、クロミ、けろけろけろっぴ、ポムポムプリンが決定しています。

NFTは全10,000体がリリースされ、8月24日にプレセール、8月25日にパブリックセールが行われます。プレセールにはRECURの独自NFT「RECUR PASS」を保有しているユーザーのみ参加できます。

サンリオのEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、インド、オセアニア担当の最高執行責任者(COO)であるSilvia Figini氏は今回の発表にあたり「世界で人気のキャラクターとその仲間たちの友情とコミュニティをRECURで新しいファン層に提供できることは信じられないことです。私たちは、世界で最高のファンを持っていることは幸運であり、熱狂的なファンコミュニティを体験したことのない新しい空間へ導けるのは特権です」と述べています。

また、RECURの創設者兼最高経営責任者(CEO)のZach Bruch氏は「Hello Kitty and Friends Worldを通じて、すべてのハローキティファンがメタバースを体験できるプラットフォームを作ることに興奮しています」とコメントしています。

ハローキティのグッズは約130か国で販売され、歌手のマライア・キャリー、ブリトニー・スピアーズ、ケイティ・ペリー、レディー・ガガなど、ファンを公言する著名人がたくさんいます。今回発表されたNFTコレクション「Hello Kitty and Friends」は、価格を含め詳細があきらかになっていませんが、世界的に注目を集めるNFTコレクションになりそうです。

あわせて読みたい
詐欺NFT事件でも話題。キャプテン翼がThe Sandboxと提携 ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」のメタバース上に、サッカー漫画『キャプテン翼』の世界観を反映させたキャプテン翼LANDが構築されることがわかりました。 The S...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる