GAP、初のNFTコレクション発表!ゲーミフィケーション要素も導入

アパレルブランドのギャップ(GAP)が、同社初となるNFTコレクションを発表、販売開始しました。NFTの発行には、暗号資産であるテゾス(XTZ)のブロックチェーンを採用しています。

今回のNFTでは、2011年頃から突如現れ、ニューヨークの街中に出没する”いつも同じ顔”の生き物のグラフィティ「Frank Ape」で知られるアーティスト、ブランドン・サイン氏(Brandon Sines)とコラボ。

今回のコラボは同氏の作品の楽観性や平等などの表現が、「現代の米国における楽観主義」というギャップの価値観に通じるとのことで実現しました。

NFTの種類は「Common」、数量限定の「Rare」、「Epic」、オークション形式で販売する「One of a Kind」の4つのレベルに分類され、先行して価格が1番安価なCommonから販売を開始となっています。

今回発表されたNFTコレクションは「ゲーミフィケーション」の要素を取り入れ、CommonとRareを購入してパーカーのデジタルアートを入手することで、EpicでNFTを購入する権利が得られます。

Epicではデジタルアートだけでなく、ギャップとFrank Apeがコラボした現物のパーカーも付いてくるとのこと。

ギャップのデジタル・テクノロジーに関する部門の責任者は、テゾスのブロックチェーンを採用した理由を「地球に対して適切な行動をするためである。テゾスのブロックチェーンはエネルギー消費を最小限に抑える特徴を持つ」と説明。

今後の計画については、「今回の販売の後、まずは顧客がどのように、デジタルが主導する世界と関わりたいのかを見極めたい」と説明し、今後も新しいデジタル体験の計画は行っていくそうです。

ナイキ(NIKE)のバーチャルスニーカー、アベイシングエイプ(A BATHING APE®)のNFT限定アイテムなど、昨年からファッションとNFTの取り組み事例が増えています。今後どのような企画が行われていくのか期待が高まります。

あわせて読みたい
実物も手に入る、NFT化スカジャン販売へ スカジャンのファッションブランドであるジャパンジャケットから、実物のスカジャンをセットにしたデジタルコレクティブスカジャンNFTが発売されることがあきらかとなり...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる