NFTマーケットプレイス作成を日本語で支援「NFTify Japan Site」ローンチへ

メタバースプロダクト研究開発、及び、導入支援を手掛けるMetafrontierは、手軽にNFTマーケットプレイスを開設することができるNFTify(ネフティファイ)を便利につかえるようにする日本語ポータルサイト「NFTify Japan Site」を5月24日にローンチすることを発表しました。

NFTifyは、NFTマーケットプレイスを簡単に作成できるプラットフォーム。これまでに世界で20,000以上のマーケットプレイスが同サービスにて作成されているとのこと。NFTifyでは、事業者は自社ブランドに合わせ、プログラム不要で専用のデザインとドメインをつけることができるのが特徴です。NFT規格は、ERC1155とERC721に対応しており、OpenSeaとの相互運用も可能。アートワークやカード、コレクション、ドメイン、ゲーム、ミーム、音楽、写真、スポーツ、仮想世界のような10ジャンルのNFTを販売できます。

このたびローンチが発表されたNFTify Japan Siteは、そのNFTifyをより便利に使うための日本語ポータルサイト。NFTの勉強会「NFTify勉強会」、ランディングページ作成、ロゴバナー作成や企業研修などが用意され、NFTへの知識やノウハウがない事業者がNFT事業に参入しやすい仕組みとなっています。またNFTify Japan Site内のURLからNFTfiyに登録すると、NFTify Japan Siteに自社のマーケットプレイスが掲載されます。

Metafrontierは3月に、アメリカのNFTify社と日本初の公式パートナーシップを締結しており、今回の「NFTify Japan Site」はその流れの一環。ローンチ直後はNFTify Japanより登録した先着100事業者に対して、NFTマーケット プレイスの構築支援も行うことも発表しています。

あわせて読みたい
LINE NFT、ローンチ決定!LINE Pay通じて日本円で決済可に LINEの暗号資産(仮想通貨)関連・ブロックチェーン事業を展開するLVCが、4月13日からNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」をローンチすることがわかりました。 https...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる