元保育士が語る幼稚園・保育園の写真システムの良いところ!

元保育士が語る幼稚園・保育園の写真(スクールフォト)のシステムの良いところ。そして選ぶコツだけではなく当時、苦労した点などのエピソード交えて。働き方改革や保育のICT化・DXの一助になればと思い投稿してみます。

目次

保育の写真・動画で悩んだこと

保育しながらの撮影は目がいくつあっても足りませんでした。「あ!今すごくいい顔してたのに…」とシャッターチャンスを逃すことも。また、自分で撮る写真は決まって同じ構図になってしまうのも悩みの種でした。子どもたちの写真で枚数差が出ないように意識するのも大変でしたね。
そうして撮った後は写真を壁に貼り、お知らせを作り、集金の準備をし、最後は片付けと、とにかく工程が多いなと感じていました。

保育園・幼稚園向け写真販売システムとは?

保育園・幼稚園の先生が撮影した写真をインターネット上で保護者の方と共有し、販売するサービスです。さらに、プロのカメラマンを派遣してもらい、撮影・販売することも可能なため、写真に関する業務をすべて任せることができます。スクールフォトという方がなじみのある方もいるかもしれませんね。発表会や卒園式といった大きなイベントだけでなく、普段の保育の様子を見ることができ、どんな風に園生活を楽しんでいるのかを写真を通して見ることができます。

最近では、ただ単純に写真撮影に来てもらって、写真販売!というサービスだけでなく先生たちにも育ちの記録として保管でき且つ管理・確認できるサービスも出てきているようです。 私の時代にはなかった・・・かも・・・(笑)

私がいた園では良いとこどりして分けて考えていました先生とカメラマンの違いを私なりに紹介します。

<先生撮影>

〇子どもの目線に近い写真が撮れる
〇自然体の様子が撮れる→これ自信ありましたw

✖構図が同じようになってしまう
✖目つぶり、手ブレで使えない写真が多い
✖写真の選定に時間がかかる→撮影するのは楽しいのですが、これが苦痛でしたw

<カメラマン撮影>

〇場所によって明るさを変えたり、設定を変えたりしてくれるので・・・私の数倍良かった。光が難しいです
〇1シーンにシャッター数を多く切れるため、ベストな瞬間を逃さず撮ってもらえる
〇保護者の目線で撮影することで買いたいと思ってもらう写真を撮影できる
〇保育に専念できる

✖先生たちがその場で写真確認をするのが難しい
✖スケジュールの共有が必要なため、早めに予定を立てる必要がある

上記で記載しただけでもカメラマンを利用するメリットがたくさんあります。
もちろん常に撮影に参加してもらう必要はなく、あくまで先生方の補助として利用するで良いと思います。子どもたちの動きが多くなる運動会や発表会、いつもとは違う環境になる遠足などイベントの際だけでもプロの力を借りるのは良いかなって思います。

保育園向け写真販売システムの料金

保護者様が購入された写真代金により収益化しているため、園側は負担なくサービスを受けることができます。
また、発表会や運動会など、保護者の方に集中してお子様の勇姿を見届けていただくために、プロのカメラマンを派遣することも可能です。もちろん派遣費用も一切かからないサービスが多いようです。

写真販売システムを使ってできること

メリットはずばり、手間の少なさと管理のしやすさ!
プロのカメラマンを派遣してくれるため、撮影から販売まで一括して任せることができます。販売する写真は保育園・幼稚園の先生方が撮ったものでももちろん大丈夫でした。今まで壁一面に張り出していた労力をかけずに済み、注文と同時にキャッシュレスや振り込みで支払うこともできるため、集金の負担を減らすことができます。写真の準備ができたら、保護者の方向けのお手紙も作成してもらえるので事務作業が一気に減り楽になりました。
保護者の購入画面でいうと、顔検索機能やイベントごとで写真の検索をスムーズに行うことができるようです・・・※たまにしか見たこと無いのであまり覚えてません・・・先生方が撮影した写真もカメラマンに依頼した写真は各サービス毎で違うようですが、私の園ではCR-ROMで届いてました。「あのときの写真はどこだっけ?」「誰が持ってるんだっけ?」を防ぐことがほどほどできていました。

写真販売システムのタイプと選び方

写真販売システムは大きく2種類に分けて考えられるのかなと思います。
①写真販売のみを目的とした特化型です。このタイプは基本的に初期費用・ランニングコストがかからないため、すぐに取り入れることができます。また難しい操作を覚える必要がないためIT系が苦手という方も安心です。スクールフォトと呼ばれるものはこの特化型に分類されます。
②写真販売だけでなく、様々な機能が利用できる集約型です。写真販売の他に連絡帳や体調管理、園バスの位置情報など園業務に関連する作業を一括で管理できます。こちらは、月額制が多く、オプションとして機能を追加していけるような仕組みになっているためコストがかかる場合があります。私は写真販売機能のある、ICTサービスを導入している園でしたが、ちょっと複雑で使いこなせなかったことを記憶しております。結局写真整理をする時間がかかってしまったりしたので。

写真販売システムの比較ポイント

上記で2種類に分けたとはいえ、写真販売のサイトが数多くある中で結局どれがいいの?と悩みますよね。正直よくわからなかったです。園長先生が決めたものを私の園では使ってました。もっと良いものあったかもです。
そこでもう少し細かく説明しながら、先生側と保護者様目線でサービスを選ぶポイントを調べてみました。

① 検索機能

イベント名やクラス名での検索はもちろん、顔写真検索やハッシュタグのように自由にキーワードをつけて検索できるような機能があります。写真を管理する際や、購入する際に見たい・欲しい写真をすぐ見つけることができます。

<ポイント>

先生:写真を販売する以外に、園だよりやホームページの更新などこまめに写真を利用する場合には検索機能が充実しているところがおすすめ。

保護者:園児数が多いほど、自分の子が写っている写真を見つけるのが大変。顔検索機能があれば自分の子どもだけを一括で確認できて便利。

②プロのカメラマンによる撮影代行サービス

園の先生が撮影した写真を販売するだけでなく、プロのカメラマンを派遣して撮影を行うことができます。大きなイベントだけでなく、日常の保育の様子も撮影してもらえます。キャンセル料がかかる場合や、派遣の回数制限がある場合もあるのでサービス内容の確認が必要です。

<ポイント>

先生:写真の撮り漏れや偏りを無くせる。イベントが多い園であれば、派遣回数制限のないシステムを選ぶとよい

保護者:園での運動会や発表会など撮影の場所取りなど気にしなくて済む。普段の保育の様子も確認できる機会が増える。

<先生の「ある」とうれしいその他のポイント>

①写真の編集
写真に文字を入れたい、明るさを変えたい、もう少しアップにして販売したい、、など写真のクオリティにこだわりたい場合には対応してくれるサービスを選びましょう。

②アルバム制作
せっかくの卒園アルバムは特別な写真を載せたいですよね。販売する写真とアルバム用で分けてフォルダを作ることで、写真が探しやすく便利になります。また、アルバム自体の制作を受けてくれるサービスもあるので、先生方は写真を選ぶだけで完成させることができます。

システム5選!

memoridge(メモリッジ) 

シンプルな機能で使いやすいフォトサービスです。
先生たちが撮った写真も、園でもともと契約している写真館のカメラマンが撮った写真もすべて一括で管理・販売することができます。販売したい写真を専用の幼稚園・保育園向けクラウドmemoridge drive(メモリッジドライブ)というサービスに入れたら完了するようです。先生側の管理画面に顔検索やハッシュタグ機能を設けており、お目当ての写真を探しやすいです。
また、プロのカメラマンを無料で、回数の制限なく派遣してもらえます。天候不順や感染症蔓延での急なキャンセルにも無料で対応してくれます。
ネットよりも直接写真を見た方がわかりやすいという方には、壁展示用のサンプルを用意してもらえます。写真自体にURLのリンクが付いており、保護者の方に直接読み取って注文してもらえるため、先生方の手間が増えることは無いようです。

セキュリティ:プライバシーマーク取得、SSL(暗号化通信)、不正利用検知、使用履歴検閲
検索機能:顔認証検索、ハッシュタグ検索(先生側の管理画面)、イベント・プログラム毎
カメラマン派遣:あり(回数制限なし、無料)
アルバム制作:あり 
費用:0円
発送期間:3~10日(データ販売は即日)

運営会社:幼稚園・保育園向け写真 システムリンクエイジ株式会社

EMii-エミィ 

対応力が強みのフォトサービスです。LINEでの問い合わせや、夜間・休日の急な変更には担当者に繋がる直通ダイヤルで要望を聞いてもらえます。
インターネット操作が不安な方は直接訪問してもらい、操作方法を教えてもらうこともできます。
こちらはスクールフォトだけでなく、イベント団体様も利用しているためスナップだけでなく、ポストカードやアルバムなど様々な種類の販売方法を用意しています。購入する際に、写真の切り抜きや写真の印刷の向きを横長→縦長へと変更することができるため、お好みの写真に仕上げることができます。
セキュリティも万全で、コピー禁止やアクセスログ解析など安心してご利用いただけるよう環境を整えています。個人情報を入力したくないという方には、自宅ではなく園に一括で写真を送ってもらうサービスも行っています。

セキュリティ:単純コピー禁止、専用サイト、透かし文字合成、SSL(暗号化通信)、キャッシュ禁止、キャプチャ認証、閲覧パスワード、友人画像審査
検索機能:ラベル検索
カメラマン派遣:なし
アルバム制作:なし
費用:0円(利用料:販売価格の5%)
発送までの期間:注文より10日以内(データ販売:即日)

運営会社:株式会社マチエミ

◎フォトラボ

10年以上続くフォトサービスです。月額制となっており、契約期間とアップロードの上限枚数によって金額が変わります。しかし、販売手数料をとらないことで、写真の販売売上がそのまま園に入る仕組みとなっています。(決済方法によって販売手数料がかかる場合あり)
オプションサービスが豊富で、販売期間によって割引価格を設定できたり、一定の価格以上で送料無料にしたりなど、自由に設定を行えます。ただし、印刷・発送自体をフォトラボでは行っていないため、注文の受付をするサイトとしてのみの利用となります。

セキュリティ:SSL(暗号化通信)、透かし文字合成、イベントごとの閲覧パスワード
検索機能:顔検索
カメラマン派遣:なし
アルバム制作:なし
費用:初期費用11,000円、月額4070円~
発送期間:発送は写真館・カメラマンに準ずる(データ販売は即日)

運営会社:スペース・アイ株式会社

フォトライク

富士フィルム様と提携しているため、写真の大きさが豊富です。(DSC~4切W)データでの販売も合わせて選ぶことができます。初期費用0円で導入することができ、月の売上によって事務手数料や利用料を支払うシステムをとっています。もしも撮影しない月があり、売上がなかった場合はお支払いが発生することはないのでご安心ください。カメラマンの派遣に関しては有料となっており、時間+移動距離に応じて金額が異なります。

セキュリティ:プライバシーマーク取得。認証キーの設定、SSL(暗号化通信)、専門のサーバー管理者が常に監視
検索機能:なし(※カテゴリ別で分けることは可)
カメラマン派遣:あり(有料)
アルバム制作:なし
費用:0円
発送までの期間:5~10日以内(データ販売は即日)

運営会社:株式会社 エクシオジャパン

ルクミーフォト

園における保育以外の作業が一括で管理できることを強みとしています。フォトサービスだけでなく、連絡帳やクラス情報をアプリで一括にまとめることができます。初期費用0円で導入することができ、基本プラン月額5000円です。オプションも充実しており、体温・午睡管理や、登降時間を入力したりと保護者の方との連携がとりやすくなるよう工夫されています。(別途料金発生)
フォトサービスでは、買い忘れ・決済忘れ防止のメールが届くため、保護者の方に逃さず写真を確認してもらえます。
また、専用アプリを使えば2分程度の短い動画であれば販売が可能です。専用アプリを入れるための端末がないといった園には、ipod touchを無料でレンタルしてくれます。

セキュリティ:世界の金融機関での認定を受けたセキュリティ環境、プライバシーマーク取得、24時間365日監視、通信の暗号化、データ耐久性99.9%の自動バックアップ、家族別のIDパス発行
検索機能:顔検索
カメラマン派遣:0円(回数制限あり)
アルバム制作:なし
費用:初期費用0円、月額5000円(+オプション料金)
発送期間:決済後1週間程度でお届け(データ販売は即日)

運営会社:ユニファ株式会社

後記:元保育士の過去の経験と今の写真システム調べてみて

私は今、保育士からWEB業界の事務に転職しました。当初はめまぐるしく保育に事務作業に追われて何がなんだからわからずがむしゃらに保育をしていました。今になって落ち着いて写真のこと。保育のこと。振り返ってみると保育業界もどんどんIT化・ICT化されています。そしてよく「DX化」なんて言葉が流行っておりますが、教育・保育の現場がもっと「DX化」すれば保育の時間と写真や動画とITを駆使して保護者の方にも見せれる仕組みをバランスよく仕事できたなぁ。作れたなぁって思い返してます。

日々いろんなことを吸収し、成長していく子どもたち。あの頃は保育の片手間に日々の様子を撮影してもすぐに親御さんに見せられるわけもなく、時差が生じることにもやもやしていました。

できれば言葉だけじゃなくて、実際の様子を見せてあげたい…。とはいえ、日誌を書いて、次の保育の準備をして、ピアノも練習して…写真の準備までとても手に負えませんよね。
そんなときに保育園・幼稚園向けの写真システムというものがあると知りました。園主の方に言われた通りのシステムを利用していました。

ただ、最近では撮った写真をぱぱっと選択してアップするだけで終わるからSNSぐらいお手軽。写りがイマイチだから削除してほしい、明るさを調整してほしいなどの要望が伝えるだけで完結したりもしているようです。しかも写真販売をお知らせするお手紙も作ってくれるので事務的な手間がかからないのも嬉しい!あとで見直したいときにはクラスやイベントごとで検索したり、子どもの顔でも検索ができるからすぐに欲しい写真が見つかるのもあの頃はなかったなぁ・・・

この記事を見て、少しでも参考になってくれたら幸いです!そんな想いで記事を作成してみました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる