投資と応援を両立「飲食店スポンサーNFT」ローンチ

フォーイットとメディアエクイティが、コロナ禍で売上げが低迷する飲食店の支援を目的に、飲食店のメニューのスポンサー枠をNFTとして発行する飲食店応援プロジェクト「飲食店スポンサーNFT」を発表しました。

フォーイットは100万以上のサイト登録数を持つアフィリエイトネットワークサービスafbbなどを展開する企業。今回、NFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」を運営するメディアエクイティと協働し、飲食店と支援者のつながりを新しく構築することで飲食店の継続・発展を後押しするプロジェクトとして「飲食店スポンサーNFT」をローンチしました。

プロジェクトのひとつとして、2022年4月2日に1号店をグランドオープンする東京都江戸川区小岩の油そば新ブランド『太田中』のスポンサーNFT。ファーストセールとして10個の店舗スポンサーNFTが3月31日に販売されました。

スポンサーNFTは、消費者・ユーザーが商品・サービスのNFTを購入してスポンサーになる事ができるサービスです。消費者がスポンサーNFTを所有することで、好きな商品・サービスを応援することができるのが特徴。

商品が有名になることでスポンサーNFTの価値が上昇する可能性があり、消費者は転売によって利益を得ることができます。さらに転売額の最大10%がロイヤリティとしてスポンサー料として継続収益となります。

第1弾の『太田中』でも、最大10%が『太田中』に還元され、『太田中』が注目を集めるとより多くの個人や企業がスポンサー枠を購入する需要が生まれるため、スポンサーNFTの価値が高まることとなります。

NFT発行後は、『太田中』のメニュー表に印字されるQRコードとスポンサーNFTページが連動し、リアルタイムに所有者を確認したり、スポンサーNFTを売買したりすることが可能となっています。

フォーイットは「ブロックチェーン技術を基盤にした新しいインターネットであるweb3.0時代において、同プロジェクトはサービスプロバイダーだけでなく、サービスを利用するユーザーがサービスの発展・成長に貢献する仕組みをリアル店舗に応用したものです。日頃利用している飲食店や応援したい飲食店のメニューのスポンサー枠を購入することで、飲食店舗やメニューのスポンサーであることを公言することができます」と述べています。

あわせて読みたい
コロナ倒産、飲食店300件を突破。緊急事態宣言の影響おおきく 新型コロナウイルス感染拡大を防止するために発出される緊急事態宣言は、飲食店に深刻なダメージを与えています。コロナ禍以降、新型コロナ関連の倒産件数では飲食店が3...

投稿者プロフィール

大島 予章
大島 予章
ウェブコンテンツ業界20年。酸いも甘いも経験したと思った矢先、業界のさらなる巨大さと深さを知り日々挑戦する爆走社長です。趣味:筋トレ・ゲーム・株式投資。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる