くりっく365(取引所外国為替証拠金取引)はインヴァスト証券で始めよう

取引所外国為替証拠金取引とは、公的な金融取引所を経由して行われる金融取引のことです。

「くりっく365」は、東京金融取引所が取引を行う「取引所FX」で、大まかな流れとしては、東京金融取引所が「くりっく365」の取り扱いを認めた証券会社に口座開設し、証拠金を預託、証券会社を経由し、日本円と米ドルなど、2ヵ所の通貨の為替相場を予測して売買します。

東京金融取引所が「くりっく365」の取り扱いを認めた証券会社は当然「基準を満たした証券会社」となります。

取り扱う商品自体は同じ物となるため、各証券会社では注文画面のカスタマイズ性や画面遷移の工夫などで差をつけてユーザーエクスペリエンスを高める為の努力をしています。

今回はそんな「くりっく365」に参入する初心者をはじめ、ベテラントレーダーの方に特におすすめしたい証券会社の一つである「インヴァスト証券」の魅力について紹介していきます。

目次

くりっく365が利用され続ける理由

「くりっく365」が利用され続ける理由の前に、まずはそれまでのFXを振り返ってみましょう。

以前のFXでは、投資意識の高まりや多くの投資家の誕生によって多様な会社によるFX商品の取り扱いが可能でした。

しかしどの会社でもFX商品を取り扱える気軽さが仇となり、最終的には悪質なFX会社などによる証拠金トラブルが頻発。

このようなトラブルを踏まえ2005年7月、金融庁ではFX取引を規制する改正金融先物取引法を施行します。

それと同時期、東京金融取引所の上場によって大口投資家向けの取引所外国為替証拠金取所(取引所FX)が誕生。

それが「くりっく365」です。

証拠金トラブルによる懸念が金融庁の法改正により払拭され、多くの投資家が注目し始めた「くりっく365」。

今もなお多くの投資家が「くりっく365」で取引するようになったのは、2つの理由があると考えられます。

価格提示により投資家の理想に合わせた取引が可能

「くりっく365」は公的な取引所が定める取引ルールやレートに基づいて取引されますが、最も大きな特徴は”配信レート”にあります。

これまでの店頭FXであれば、値動きなどを細かくチェックしながらタイミングに合わせて売り買いするのが基本的でした。

「くりっく365」の価格提示イメージは以下の通りです。

つまり、透明性の高い提示価格で取引が可能となっているのです。

スワップポイント(金利差調整分)は同額

もう一つの特徴はスワップポイントの受取額と支払額が一本化されていることです。

スワップポイントとは、2国間の通貨の金利差相当額をいい、通常、政策金利が高い通貨ペアのポジション保有している場合にスワップポイントを受取ることができ、反対に政策金利が低い通貨ペアのポジションを保有している場合にはスワップポイントを支払いうことになります。

受取額と支払額が一本化されているということは、長期のポジション保有しスワップを目的に取引している方にとっては、どちらか一方に金額が傾くことがなく安心してポジションを保有することができます。

また、スワップポイントの受取額と支払額が一本化されていることは、買いと売りのポジションを持つ両建をした場合にコストがかからないことを意味します。
両建てをうまく活用することができれば、リスクヘッジや含み損を抑えることもできます。

スワップを目的とした長期取引をしたいと考えている方にはオススメです。

自動取引に強い「インヴァスト証券」の「くりっく365」

今回紹介したい「インヴァスト証券」は、初心者向けの自動売買に長けた「トライオートFX」や「トライオートETF」など、自動売買に長けた証券会社です。

熟練トレーダーはもちろん、初心者トレーダーからも高い支持を受け、納得の取引を実現した経歴を持つ「インヴァスト証券」について、ここでは特に紹介したい3つの特徴について紹介します。

特徴①口座数は国内シェア18%以上を獲得!

「くりっく365」は、現在複数の証券会社で取り扱われています。その中でもインヴァスト証券の「くりっく365」の総口座数は、なんと国内シェア18.6%を記録!

引用元:インヴァスト証券

数多くの証券会社があるなかでもインヴァスト証券が選ばれているのは、

  • スマホアプリでどこでも取引が可能であること
  • チャート画面が見やすく適切なアクションを起こしやすいこと
  • 高機能版の取引ツールがあること

などが挙げられます。

FX初心者でもなじみやすいからこそ、そして慣れてきた中級者上級者でも扱いやすいシンプルでスピーディなレスポンスを実現しているシステムだからインヴァスト証券が選ばれているといえるでしょう。

特徴②スマホアプリでいつでもどこでも取引

日々の金融取引で重要な要素の1つが、いつでも取引ができる環境を整えることです。

「Smart365」はiPhone・Androidで利用可能なアプリのことで、パソコンと同様の機能を利用できるものです。

決定的なチャンスをものにしやすい迅速な取引が可能で、いつでもどこでも簡単に最適な金融取引が行えます。

引用元:インヴァスト証券

「リアルタイム発注」では、頻繁に使う注文をどのタイミングでも完結に行えます。能動的な操作が可能なので、取引ツールに不慣れな方でもなじみやすい特徴があります。

チャート画面は12種類のテクニカル指標を利用可能。スムーズな操作感で、ストレスフリーな使用が好評です。

パソコン版と相違ない取引が可能であるため、いつでもどこでも投資家の理想的な取引が可能です。

ニュース機能も搭載していることから、好きな時間に好きなタイミングでFX界隈の情報や取引中の金融商品の動きなどを確認できます。

特徴③要望を細かく取り入れた使い勝手の良い取引ツールが利用可能!

各社が用意している取引ツールを使っていると「ちょっと使いづらいな…」と思うことは少なからずあると思います。

そういった多くの投資家からの声を受け、インヴァスト証券では使い勝手の良い取引ツールを展開しています。

引用元:インヴァスト証券

「リッチクライアント版」と呼ばれる高機能取引ツールは能動的な操作が可能です。

リッチクライアント版ではレイアウトが自由にカスタマイズできるほか、50種類以上のテクニカル指標やリアルタイムチャートを使うことができます。

その他にもシンプル版と呼ばれるブラウザタイプのものもあるため、初心者から上級者まで幅広いユーザーが使用できる取引ツールとなっています。

分散投資の重要性を再確認し、資産を守る手段を増やそう

為替、株、不動産その他様々な手法の資産形成が叫ばれるようになる世の中ですが、実は景気不安が同時に叫ばれている場合がとても多くあります。

では、経済不安に対する投資の安全性を上げる手法とは何でしょうか?

そう、分散型の投資です。

FX手法にあたる事は前段でも述べましたが、今回ご紹介している「くりっく365」は、先行きの不安な不況相場でも他の資産とは違った値動きを狙っていける手法なのです。

「くりっく365」を選択肢の1つとしておけば、

  • 取引所取引による高い透明性
  • 為替取引の選択肢として株などと合わせてリスク分散が可能
  • 金利によるスワップポイントの差を気にしない取引が可能

といったメリットが得られます。

1つ目のメリットである「取引所取引による透明性」については、先述した価格の透明性もありますが、証券会社を通して東京金融取引所という取引所での取引が可能です。

そのため金融庁でも懸念視されていた証拠金トラブルを防ぎながら、健全に取引ができると考えられます。

2つ目のメリットである「為替取引の選択肢として株などと合わせてリスク分散が可能」については、直接的な金銭取引であるFXも選択肢の1つと入れることで取引自体の引き出しを多く持つことができるということです。

投資先を多く持つということはひいては分散投資による低リスク化につながるので、常に新しい金融商品への知見は高めておく必要があります。

3つ目のメリットである「金利によるスワップポイントの差を気にしない取引が可能」については、「くりっく365」はスワップポイントが売り買いいずれも一本値であることです。

「くりっく365」では売り買いいずれも一本値のスワップポイントであることから、初心者であっても資産運用がしやすいといったメリットがあります。

最大で手数料が330円(税込)かかるといったデメリットがあっても、分散型投資が実現可能であり、東京金融取引所に証拠金が預託され、取引におけるスワップポイントは一本値といったメリットを考慮すれば、「くりっく365」は誰でもすぐに始めやすいFXと考えられるのではないでしょうか。

インヴァスト証券では、FX初心者でも利用しやすい能動的なアプリや、シンプルタイプのブラウザ版、高機能ツールのリッチクライアント版を提供しており、いつでも誰でも取引を行うことができます。

世界情勢によって大きく変動しやすい現在の金融資産。せっかく手を出したのであれば、最小限のリスクで最適な取引を行いたいものです。

特に金融取引の右も左も把握しきれていないFX初心者であれば、リスクは最小限に抑えつつ、取引そのものに慣れていきたいと考えるもの。

インヴァスト証券の「くりっく365」では、人気通貨を元とした25通貨ペアが利用可能であり、最もポピュラーな「米ドル・日本円」をはじめ、「ユーロ・円」「豪ドル・円」などから、投資家にとって理想的な金融取引が可能です。

そういった投資家それぞれの理想を見事に反映し、扱いやすさを目指したのがインヴァスト証券の「くりっく365」なのです。

「Smart365」で閲覧できるニュースを上手に活用すれば、情勢の動きに合わせた金融商品を購入できます。

また、リッチクライアント版を利用すれば豊富なテクニカル指標のほか、チャートそのものから発注可能であるなどの、中・上級者向け取引ツールも利用可能です。

さらに、リッチクライアント版の大きな利点として取引画面のカスタム度があります。

自分が使い易い取引画面にカスタマイズすることで、より直感的にスピーディに取引に向き合うことができます。

「くりっく365」の公正かつ健全であり有利なレートをリアルタイムに取得しやすいのはインヴァスト証券ならではの魅力です。

FX取引を検討する方や、金融取引そのものをまだ経験したことのない方は、透明性・機能性に長けたインヴァスト証券の「くりっく365」を検討してみてはいかがでしょうか。

【商品の費用・リスクについて】  


インヴァスト証券ホームページに記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。

インヴァスト証券は各商品の有効証拠金比率が一定水準以下となった場合、建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、お取引には預託すべき証拠金以上の取引が可能なため急激な相場変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生する場合があります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」および「取引説明書」等をよくお読みいただき、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引を行ってください。

リスク費用などの重要事項
インヴァスト証券 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号
加入協会/一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

==========

参考記事
https://www.fsa.go.jp/ordinary/iwagai/

https://www.click365.jp/about_fx/about_fx04.html

https://www.invast.jp/fx/

Invast
取引所FX くりっく365|インヴァスト証券 取引所FX「くりっく365」ならインヴァスト証券!取引所が提示する公正かつ有利なレートで取引ができる。高機能なリッチクライアントやスマホアプリが初心者から上級者まで...
あわせて読みたい
日本経済新聞
FX取引、不正な価格提示防止へ業界規則 - 日本経済新聞 店頭外国為替証拠金(FX)取引業者の自主規制団体が、業者による市場実勢と離れた価格提示を防ぐために新たな規則を設ける。利用者に配信したレートや時刻の記録を保存し、...
あわせて読みたい
インヴァスト証券
くりっく365【取引所FX】ならインヴァスト証券 くりっく365で取引するならインヴァスト証券ではじめよう
あわせて読みたい
お探しのページは見つかりませんでした - 明光トレーディング/明光アセットデザイン お探しのページは見つかりませんでした。MEIKO GROUP(明光トレーディング・明光アセットデザイン)は、創業30年以上にわたり皆様の資産形成をサポート。東京都心・23区・...

投稿者プロフィール

いまをアルク編集部
いまをアルク編集部
いまをアルクメディア編集部です。
こちらのサイトでは日常生活における様々な疑問、気付き、あったら嬉しい情報などを随時配信していきます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次