駐車場経営(コインパーキング経営)のやり方は?失敗しないための経営方式

「土地を有効活用したいけどいろいろと大変そう」「駐車場経営ってオーナーは何かするの?」

そう思ったあなたにこそ伝えたい、「失敗しないための」駐車場経営方法の選び方

今回は、大きく分けて3つある駐車場経営の方式をご紹介し、それぞれの、メリット・デメリットについて解説していきます。

目次

個人経営方式

個人経営方式とは、土地の整備や設備の設置から、駐車場の管理・運営までを自分で行う方式です。

利益が出ればその分すべてを総取りにできるため、本業としてガッツリ稼ぎたいという方にピッタリです。

  • メリット
①低コスト委託会社を挟まないため委託料などがかからず
必要最低限のコストで始めることができる
②経営経験が積める経営に必要なスキルは多岐に渡る。
集客についてはもちろんだが利回りを考慮した事業計画の立案など多くの経験が積める
③土地転用がしやすい「やめたい」「資金が貯まったからアパート経営を始めてみたい」と思ったとき
利用者に勧告すれば転用は可能。
  • デメリット
①初期費用負担設備の準備や契約者募集のための広告出稿などにかかる費用は自身で負担する必要がある。
②手間がかかる運営・管理を個人で行う必要がある。
集金やトラブル対応、清掃まで細かい業務が発生してくるため手間がかかる。
③定期的な市場調査が必要オープン前の調査はもちろんだが市場は変動する。
売上や競合の動向もチェックしていく必要がある。

管理委託方式

管理委託方式とは、土地の権利はオーナーであるあなたのモノのまま管理だけ外部の会社に委託する方式です。

個人経営と比較して利益は減りますが、管理を一任できるため遠隔地での経営や副業での経営をしたい方にピッタリです。

  • メリット
①管理の手間が省ける細々とした面倒な業務を管理会社に委託できる。
②遠方の土地でも経営できる日常の管理業務をする必要がないから場所は問わない。
  • デメリット
①管理委託料がかかる委託会社によって異なる
②初期費用を負担する場合もある委託業者によるため委託する範囲について確認する。

管理委託料はピンキリなので委託会社は多くの会社から比較検討することをおすすめします。

一括借り上げ方式

一括借り上げ方式とは、土地を運営・管理会社に貸し賃料として収益を得る方式です。

良くも悪くも安定益となるため駐車場経営について知識が乏しい方や副業として始めたい方にピッタリです。

  • メリット
①初期費用ナシ土地ごと貸し出す方式なので基本的には運営会社が初期費用を負担する。
②管理の手間ナシ運営会社がオープンからその後の運営まですべてをやってくれるため手間がかからない。
③収入安定借り上げた企業が賃料として定額を支払う為、駐車場の稼働率に関係なく一定の収入を得られる。
  • デメリット
収入の増額がないいくら稼働率が高くなり、売上が上がっても貸し賃料は一定額のままなので収入は上がらない。

不動産経営のなかでは駐車場経営のランニングコストは比較的少ない方ですが、それでも痛い出費になってしまうのは事実。

失敗しないために!ベストな経営方法を

今回は、駐車場経営の3つの方式をご紹介してきました。

本業に近い形でしっかりと収益を上げたいのであれば個人経営方式、
副業として駐車場経営をしたい方には管理委託方式と一括借り上げ方式がおすすめです。

自分に合った経営方法を見つけてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる