【食べたい味覚で分かるカラダのSOS】ストレスを抱えているとき実はアレが食べたくなる

ふとした瞬間、無性に何かを食べたくなる感覚を味わったことありませんか?

「甘いものが食べたい!」「めっちゃ辛いもの食べたい!」など味覚別の欲求、実はカラダからのサインだったのです。

食欲と心理的欲求は大きな関わりがあり、いち早くそのSOSに気づいてあげることがカギとなっています。

今回は甘味・辛味・塩味・酸味の4つに分け、タイプ別にカラダの状態をご説明致します。

目次

甘いものが食べたくなる心理

チョコレートやケーキ、クッキーなどの甘い食べ物を無性に食べたくなることありますよね。

普段甘い食べ物を苦手としている方も急にチョコレートを食べたくなるといったことも多くみられます。

脳が疲れている

甘いものを急に欲する状態は『脳が疲れている』可能性が高いです。

思い返してみたら仕事や人間関係・金銭問題などで悩み、疲れた時に甘いものを欲していませんか。

脳の疲れは物事の注意・思考・感情コントールなどの働きがある前頭葉の動きを鈍くさせます。

その影響で正しい判断を行えなくなり「カラダに悪いから…。」「太るから…。」と抑えられていた感情が爆発するのです。

対処法

脳の疲れを感じた際に少量の糖分補給なら問題はありませんが、勢いで食べすぎてしまうと肥満や糖血圧などを引き起こしてしまう事があるので注意が必要です。

とくに、甘い食べものは中毒性があります。

糖質と脂質の組み合わせは『βエンドルフィン』という脳内麻薬が分泌されるため、食べたら止まらなくなってしまうのです。

仮に1度甘いものを口にしたら止まらないという場合は、事前に食べる量の制限をしましょう。

また脳が疲れている場合は何かを食べるのではなく仮眠を取ったり、目を瞑り呼吸を意識したりなどゆったりとした時間を過ごしてみて下さい。

お勧めの食べもの

【ラムネ】

ラムネには、脳のエネルギーに必要であるブドウ糖が多く含まれています。

簡単に持ち運びができ、ちょっとした隙間時間で食べることができるので仕事で忙しい方にもお勧めです。

ラムネ商品の中には砂糖を固めただけで作られているものもありますが、ブドウ糖が原材料の商品を選ぶことで糖質関係の病気になる心配もありません。

【フルーツ味のガム】

意外と糖質が高いガムですが無くなることがないので食べすぎ防止ができます。

また租借(そしゃく)は、記憶をつかさどる海馬(かいば)に刺激を与えるので記憶力が高められるのです。

辛いものが食べたくなる心理

カップラーメンでも辛ラーメンや蒙古タンメンなど、旨辛いを軸にした食べ物が増えてきています。

過去には激辛ブームといったものもありました。

ストレスから逃げようとしている

ストレスを抱えている際に、なにか強い刺激を感じることでリフレッシュされることがあります。

その際手っ取り早く爽快感を味わえる方法が辛味なのです。

5つある味覚の中で舌の痛みを感じるものが辛味であり、ストレスによる心の痛みを舌の痛みで紛らわそうとし辛いものを欲するようになります。

他にも辛い食べものは、アドレナリンが分泌され興奮状態になり汗がたくさんでることで元気になったように感じる効果もあります。

対処法

辛い食べものはアドレナリンの他にも『エンドルフィン』も分泌されます。

この物質は快感を感じさせてくれる効果があります。そのため癖になりやすいです。

同じ辛さのものを食べても満足しないカラダになっていき、快感レベルが上がるので求める辛味がエスカレートしていきます。

1度その欲求に沼ってしまうと、欲求を満たそうと満足のしにくいカラダになってしまうので要注意です。

その状態が続くと味が感じづらくなる味覚障害になってしまう事があるので辛さの求めすぎは、カラダにとって良いことではありません。

なので辛いものを食べる回数を減らすなどといった、現在の『辛さ』に慣れないようにしましょう。

しょっぱいものが食べたくなる心理

味の濃いものやポテトチップスを好む方や、ラーメンの汁を最後まで飲み干す方はしょっぱいもの好きと言えます。

ミネラル不足に陥っている

体力の消耗やカリウム・カルシウム・鉄分などのミネラルが不足すると、カラダは塩分を欲します。

とくに運動後の汗をかいた状態は、水分や塩分が飛ぶことでミネラルが不足しがちです。

日本食は醤油などの文化から、塩分過多と言われていますが塩分不足もカラダにとって良くありません。

適度な量の塩分(ミネラル)補給が必要です。足がつるなどの現象もミネラル不足が要因となっています。

対処法

体内で合成できないミネラルだからこそ、食事に気を遣うことが大切です。

しかしミネラルは取りすぎも不足も、便秘や下痢など胃にとって悪影響を及ぼします。

そのためいつもの食事に海草類や緑黄色野菜を追加するように意識しましょう。

最近ではミネラル対策として、マルチミネラルなどのサプリメントも人気です。

酸っぱいものが食べたくなる心理

酸っぱいものを欲しているとき、生理前や妊婦さんなど女性の方に多く見られる欲求です。

カラダが疲れている

カラダの中に疲労物質が溜まることで、疲労回復の効果があるクエン酸を求めていることが酸っぱいもの欲求へ繋がっています。

私たちが酸っぱいと感じるほとんどの成分はクエン酸です。

また血液循環が悪い人は、疲労の原因である乳酸が溜まりやすいカラダでもあります。

クエン酸はそんな乳酸を分解してくれる効果があるので自然と酸っぱいものを求めてしまうのです。

妊婦さんは赤ちゃんに自身のカラダから、栄養や酸素を供給しているため非常に疲れやすいカラダとなっています。

そのため妊婦さんが酸っぱいものを求めることは自然のことと言えます。

クエン酸効果

クエン酸は非常に刺激の強い成分なので、取りすぎることによる胃腸の荒れにのみ注意が必要です。

食事として酸っぱいものを取り入れる際は胃腸にも優しく、栄養を効率良く分解・吸収してくれる『梅干し』『お酢』がお勧めです。

また妊婦さんにとってのクエン酸は口の中をさっぱりさせ、つわりによる吐き気防止などにも効果的です。

その他にもカラダの疲れを感じた際は、レモンやオレンジといった柑橘系フルーツの香りを楽しむことでリラックス効果が得られます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる