【マスク荒れ対策】日常でできる肌荒れの原因から対処法

最近口元が、知らず知らずのうちに荒れていませんか。実はそれマスクが原因かもしれません。

『肌荒れ』を検索すると関連ワードでマスクが出てくるほど、世の中でマスクによる肌荒れ問題が増えています。

季節や場所を問わず様々な問題が発生すると共に暑い日が続くことで、マスク蒸れによる毛穴トラブルも現れ始めます。

しかし、マスクによる肌荒れはひと工夫することで解決できます。

こちらの記事では肌荒れが起きる原因から解消法まで、マスクと肌に関する情報を紹介いたします。

目次

マスクで肌荒れが起こる原因は3つ

肌荒れとは、キメが整っており潤いのある健康的な肌とは対照的な肌状態のことを指します。

一般的な肌荒れは様々な原因で起こりますが、マスクによる肌荒れは大きく分けて3つあります。

1、乾燥

『マスクの着用時は水蒸気が外に逃げないから保湿されている』という考えは大きな間違いです。

確かにマスクを着用している際口元の水分量は保たれていますが、外した瞬間一気に蒸発が始まると共に肌内部の水分も奪われます。

それはマスクを外すことで『マスク内の空気』と『マスク外の空気』との間で、温度差が生じるからです。

こうした温度差や湿度差を繰り返し受けることで、バリアと保湿力が乱れ乾燥肌を悪化させています。

乾燥は、粉吹きやヒリヒリ感・痒み・化粧ノリの悪さにまで影響を及ぼすのです。

2、ムレ

マスクの中は吐いた息が充満することにより、高温多湿になります。

高温多湿は細菌が繁殖するのにピッタリな条件であり、皮脂や汗も増えることでニキビが発生しやくなります。

また皮脂の分泌が増えると吹き出物だけではなく、毛穴が常に広がった状態になるので毛穴が目立って見えてしまいます。

体調面にも影響がありマスク内が蒸れることで体温が上昇し暑苦しくなったり、最悪の場合熱中症も起こりえま起こり得ます。

3、摩擦

マスクの着脱や長時間の使用は肌とマスクの間に摩擦が生じ、その刺激は肌のバリア機能を低下させます。

普段、外部からの刺激や水分が逃げないように守っている肌バリアがなくなることで『デリケート肌』になるのです。

デリケート肌は少しの刺激でかぶれや赤みを起こしたり、痛みが発生してしまう事があります。

また大人ニキビは摩擦が原因で生じやすい特徴があります。

顔のなかでもバリア機能が薄くとてもデリケートな唇は摩擦によって、カサついたり皮が剥けるといった症状が現れやすく特に注意が必要です。

肌荒れ対策

【乾燥】

乾燥したお肌には保湿度の高いスキンケア用品を使うことをお勧めします。

また、お化粧の上から保湿することのできる化粧水や乳液・クリームも数多くあります。

乾燥が気になった際、いつでも保湿できるようにしておくためカバンに常備しておくと便利です。

冬の気温と温度の低下による乾燥ももちろんですが、夏の強い紫外線も乾燥の影響を受けています。

季節を問わず乾燥肌は出来上がってしまうので、帰ってきたらすぐに洗顔し保湿を行うなどの正しいスキンケアを行いましょう。

敏感肌に優しいシルク生地のマスクを使用することも乾燥に良いとされています。

【ムレ】

通気性のいいマスクや、冷感機能で体温上昇抑える素材に変えることでマスク蒸れを解消できます。

また口回りに汗をかいた場合、清潔なティッシュで拭きとることが大切です。

できてしまったニキビや吹き出物は放置せず、すぐに専用のクリームなどを塗りましょう。

毛穴ケアに関しては無理やり指で角質を押し出さず、酵素洗顔や毛穴パックを使用することをお勧めします。

軽い炎症が起きてしまった場合は保冷剤などで冷やし、肌に優しい保湿液を使用するようにしてください。

【摩擦】

自身の顔の大きさに合ったマスクを選び、摩擦を最低限に抑えてください。

マスクを着用しながら口元を動かすと、肌が擦れてダメージを受けてしまうのでなるべく肌に優しい素材を使いましょう。

また不織布マスクを使う際に、ガーゼやコットンといった柔らかい素材を肌とマスクの間に挟むことで肌の負担を軽減できます。

マスクが当たっている部分を重点的に保湿クリームを塗ったり、保湿効果のあるメイク用品を使うことも効果があります。

その点ではフェイスパウダーはメイクをマスクに付きにくくするだけでなく、摩擦軽減の効果が期待できます。

それぞれのマスクの特徴

多くの種類が出回っているマスクの機能性や特徴は様々です。

不織布マスク

不織布マスクは世の中の半分以上の人が使用していると言われており、主に3種類分けられます。

【ガーゼマスク】

メリット・肌に優しい
・高い保湿性と吸湿性
・マスクに厚みがあるため喉を潤してくれる
デメリット・喉や唇などに接触する面が多いため化粧が崩れやすい
 

【プリーツマスク】

メリット・プリーツが何段にもなっているため顔のサイズに合わせやすい
・口の動きに柔軟
・ズレにくい
デメリット・商品によって装着向きが異なる

【立体型マスク】

メリット・息苦しくない
・メイクが崩れにくい
・フィット力が高い
デメリット・他のマスクに比べ費用がかかる
 

ウレタンマスク

不織布マスクの次に多いのがウレタンマスクです。

洗うことで再使用でき、カラーも豊富かつ小顔効果も期待できるうえに耳も痛くならないと多くのメリットがあります。

しかし、使いまわしにも限界があることを理解しておきましょう。

まず前提の洗い方として中性洗剤とお湯を割り優しく手洗いし、部屋干しします。

大体10回以上繰り返していくと生地がほつれてきたり、色が褪せてくるのでマスクに変化が現れ始めたら替え買いましょう。

敏感肌さん向けマスク

肌荒れが気になる方や肌が敏感な方は、シルクマスクがおすすめです。

シルクはお肌に近い成分からできているため、肌への刺激が少なく敏感肌や乾燥肌の方も安心して使用することができます。

シルクの原料であるカイコが出す繭には、老化防止や保湿効果のあるタンパク質が含まれてます。

そのため、高い保湿力で乾燥を防ぎ喉までしっかりと潤してくれるのです。

さらには汗取り肌着としても使われているシルクは、吸水性と速乾性に優れているのでマスク蒸れ対策にも効果があります。

マスク内の余分な湿気を吸収してくれ、すぐ乾いてくれるのでニキビや吹き出物ができにくいです。

シルクに入っている成分の1つであるセリシンには、紫外線を吸収する効果もあるので紫外線カットの役割もしてくれます。

まとめ

毎日マスク荒れトラブルに振り回されることは、ストレスも溜まりますし肌の老化も進めてしまいます。

日頃から手放すことの出来ないマスクだからこそ、上手に向き合いストレスのない生活を送ることが大切です。

季節や肌質によってマスクを変えることで防げる肌トラブルもあるので是非さまざまなマスクを試してみて下さい。

乾燥が気になる際、ひと吹きするだけで潤いのある肌へ。

美容成分がたっぷりと入っていることに加え、オーガニックなのでお肌に優しいです。
甘くスパイシーな香りでリフレッシュ効果抜群となっています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる