地域のお医者様インタビュー ただなわデンタルクリニック下北沢

歯の健康は私たちの体を作り上げる為の大事な入口。

我々現代人の長寿・健康は、歯の健康の上に成り立っているといっても過言ではありません。

しかし『コンビニより多い』と言われるデンタルクリニックは、やはり競争が激しく生半可な覚悟では経営を続けていくことができません。

今回は若くして独立開業を果たし、都内の下北沢という激戦区に居を構える『ただなわデンタルクリニック』さんにインタビューを行いました。

地域の患者様に選び続けてもらうにはどのような努力が必要なのか。

医者としての信念は?

普段聞けない内容をお伺いしました。

下北沢歯医者のただなわデンタルクリニック医院長に聞いてみました。

目次

自分に診てもらうことができてよかったと言ってもらえることがやりがい

たまご:はじめに御院の正式名称を教えて下さい。

忠縄院長:医療法人社団・龍真会・ただなわデンタルクリニック下北沢およびただなわデンタルクリニック祐天寺です。

たまご:ご自身の略歴を教えてください。

院長:愛知学院大学歯学部を卒業後日本大学歯学部付属歯科病院にて勤務。都内(亀戸)にて地域に根付いた診療を行い訪問診療にも従事し、その後都内大型医療法人インプラントセンターにて勤務しました。

独立し医療法人社団龍真会設立。現在のただなわデンタルクリニックを下北沢に開院し、2020年に祐天寺院を開院しました。

たまご:都内の一等地にそんなに若くして独立開業をして2院目も経営されているのですね。正直想像以上にお若くて驚きました。

たまご:御院で主にお取り扱いのある施術を教えてください。

院長:インプラント、矯正、審美歯科、小児歯科、歯科口腔外科、各種保険診療です。

たまご:審美歯科まで網羅しているんですね。今の時代とても需要が高そうです。現在マスク生活なこともあり、ホワイトニングや矯正の需要も高まっていると聞いています。

院長:そうですね。そういったお問い合わせも増えておりましてこの機に今の自分よりキレイになる努力をしてみようと取り組みをなさる患者様もいらっしゃいます。

たまご:御院のアピールポイントを教えてください。

院長:当院では全室が完全個室ですので、周りを気にする事なく、プライバシーを守り、リラックスして診療を受けて頂くことができます。

院長: 土日祝日も診療をしている為、急な痛み等で心配な時も来て頂く事ができます。緊急の場合は是非ご相談ください。

院長: また、完全予約制なので、待ち時間が少なくご案内させて頂く事も強みです。

院長: インプラント、矯正の専門分野も、各種専門医師が在籍している為、連携し当クリニックのみで全ての治療を完結する事ができます。

たまご:土日祝日も診療しているのはとても嬉しいですね。私も小さい頃から虫歯になりやすかったのですが、歯が痛くなるのって急なのでとっても心強いです。

院長:ありがとうございます。医療従事者としてはその言葉だけでもうれしいです。

たまご: 話が少し変わりますが、大きな病院と地域密着型の病院の大きな違いはどういったところだと思いますか?

院長:一人ひとりの患者さんに対する対応を綿密に考えられるところと、予約の取りやすさによる治療の進むスピードですね。

院長:町医者というのは特に患者さんとの関係性がとても大事だと思っています。

たまご:今歯医者さんって本当にたくさんありますもんね。そんな中都心に早くも2院目を開院されたのは本当に尊敬します。

院長:あとは大病院の歯医者ってやっぱり顧客も膨大だから、頻繁に通うと考えると予約などが大変だと思います。その点一人の患者さんが完治するまでにスピード感を持って対応できるというのが町医者の良さだと思います。

たまご:歯医者さんって何度も何度も通わなければならないイメージなので、予約が取りやすいというのもとても嬉しいです。予約が遠すぎると途中で辞めてしまってすぐ再発するんです…。

たまご:院長先生が患者さんと接する際に意識していることは何かありますか?

院長:なるべく患者さんの気持ちに寄り添って治療を進めること。また心配事やわからない事など何でも聞いてもらえる雰囲気を作ることを最優先に考えています。

たまご:これからどんな治療がされるのか、痛い可能性があるのかを事前に教えてもらえるのもとてもありがたいです。

たまご:とても院内のインテリアがオシャレだなという印象を受けたのですが、院内の内装でこだわった部分などはありますか?

院長:リゾート調の内装で、病院っぽさを無くし、リラックスして貰える空間にしました。

たまご:両院ともフロントの装丁が落ち着いていてこれなら親御さんたちも子供を連れて行きやすくなりそうですね。美容サロンのような居心地の良さがあって素敵です。

たまご:御院では主にどんな患者さんがいらっしゃいますか?

院長:子供から高齢の方まで、男女問わず幅広く地域の方に来て頂いています。

たまご:どの年代の方にも愛されている証拠ですね。

たまご:院長先生がこの職業を志されたきっかけはなんですか?その中でも現在の専門を選んだ理由を教えてください。

院長:もともと自分の歯も弱く虫歯等でとても苦労したのですが、その時の苦しい思いをしたことをきっかけに将来は歯医者になって虫歯で苦しむ子供を助けてあげたいなと思いました。

たまご:歯が弱いって私と同じですね!子供の虫歯って歯磨きだけが全てではないですもんね。それに子供の頃はとても歯医者さんが怖かったです。そんな子供に寄り添った先生に診てもらえたら子供たちも安心できそうですね。

たまご:歯医者さんの治療も担当しながら理事長として経営をするのは大変ご多忙な日々だと思いますが、院長先生が医者として働き続ける原動力を教えて下さい。

院長:患者さんに「ありがとう」と言う言葉を頂いた時ですね。あとは自分に診てもらう事ができて良かったと言って頂いたときもやりがいを実感しました。「こちらこそ選んでいただいてありがとうございます」という思いを嚙み締めています。

たまご:まさに町のお医者様の魅力、患者さんとの距離が近く関係性が原動力ということですね!

ただなわデンタルクリニックHP情報

ただなわデンタルクリニック下北沢 下北沢歯医者

同ページ内に祐天寺への遷移もございます。

あわせて読みたい
下北沢で口コミNo.1|下北沢歯科医院|日曜・祝日診療 下北沢歯科医院(医)ただなわデンタルクリニック)は、下北沢駅徒歩4分・日曜・祝日も診療と通院に便利な歯医者さんです。マイクロスコープやCTを駆使した精密治療が口コ...

投稿者プロフィール

たまご
たまご
恵比寿から港区女子を夢見てライターの仕事をしている女子大生です。
夜景とイルミネーションが好きで、いつかタワーマンションに住んで都会の夜景を独り占めしたいと思っています。
インスタでハッシュタグ「豪邸」で調べることと、お風呂上りにベランダでオレンジビールを飲むことと、おいしいボンボンショコラを一日一個ずつ食べることと、ミルクティーを飲みながら読書をすることが好きです。
よろしくお願いします。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる