【にきび・毛穴撲滅治療】美肌治療のダーマペン

著名人やインフルエンサーが、SNSで施術後の写真をのせたことで有名となったダーマペン。

でも、ダーマペンって本当に効果があるの?

今回は、人気のダーマペンや効果の高い導入液についてお伝えしていきます。

目次

ダーマペンとは?

ダーマペンとは、髪の毛より細い針でお肌に細かい穴を開けることで、肌が再生する力を引き出す美肌治療になります。

ニキビ・ニキビ跡・ボコボコしたクレーター・毛穴が気になる方など、根本的な肌質改善を目指している方に人気です。

目尻や小鼻などの細かい部分まで治療することができるところも、の特徴の1つです。

施術後は、針の深さによって赤み・ひりつきが生じる場合がありますが、ほとんどが数日で消失します。

マスク生活が続いているため、ダウンタイムを隠しながら美肌治療ができるところも人気の秘訣ではないでしょうか。

また、ダーマペンの針の長さはクリニックの医師と相談して調整をすることができるため、その人にあった治療をすることができます。

医師と相談し、すぐに効果をだしたい人はダーマペンの針を深めに設定したり、ダウンタイムがとれない人や痛みが苦手な人は針の深さを浅めに設定する事ができます。

美肌に最も大切なのは『真皮』

肌は大きく分けて、表皮・真皮・皮下組織3つの層から成り立っています。

特に、真皮のケアをすることが肌質改善には重要ですが、ダーマペンでは肌の深層までアプローチをすることが可能です。

表皮とは

私たちの目で見えるのが表皮で、3層の中で最も薄く0.2㎜程度です。

肌の水分を保ったり、外の刺激から体を守るバリア機能をもっています。

表皮のバリア機能が低下すると、外からの刺激によって肌に炎症が起きてしまいます。

バリア機能の低下で起こるのが、乾燥やアトピー性皮膚炎などの症状です。

また、表皮はターンオーバーやしみにも関係しています。

お肌の細胞を守る役割を担っているのが表皮のメラニンですが、メラニンは紫外線のダメージをうけると作り出されます。

本来メラニンはターンオーバーによって排出されますが、加齢によってターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンがうまく排出されないためしみとなって表皮に現れてきます。

真皮とは

表皮の下にあるのが厚さが2mmの真皮です。

毛細血管から必要な栄養素を取り込んで線維芽細胞を活性化し、肌の土台を作ります。

3つの美肌成分であるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出しているのが線維芽細胞です。

これらは、肌のハリ・弾力・潤いに大きく関係しています。

加齢や紫外線などが原因で線維芽細胞が衰えてしまうと、3つの美肌成分も減少してしまいます。

40代の線維芽細胞は、20代の半分以下と言われているため、線維芽細胞の減少はしわやたるみといったエイジングサインとなって肌に現れます。

3つの成分が減少してしまうということは、線維芽細胞が老化している証拠です。

この場合、高価な美容液を使用したとしても、線維芽細胞が若返らないと肌の根本的な改善には至らないのです。

美肌への近道は肌の土台を作ること

美容液を塗っても皮膚の構造上、表皮にしか成分は届かないため、普段のお手入れでは肌の土台である真皮層のケアは難しい場合があります。

一方ダーマペンでは、真皮層まで細かい針穴を開けて美容成分を導入することが可能となるため、高価な美容液を使用するより効果が期待できます。

ダーマペン時に導入できる美容成分はたくさんあるため、自分の肌のお悩みにあわせたを導入液を選択することがおすすめです。

その中でも、自分にあった導入液がわからない人へダーマペン時におすすめの導入液を紹介していきます。

BENEV(べネブ)

8種類の成長因子や、20種類のアミノ酸、11種類のビタミンなどの美容成分がブレンドされた薬液になります。

肌の元気がないと感じている人や、毛穴が気になる人、クレーターの方におすすめです。

ウーバーピール

にきび跡や色素沈着の治療には、ダーマペン専用の低刺激ピーリングが人気です。

乳酸・コウジ酸・ヒアルロン酸などの10種類以上の美容成分が配合されています。

炎症のあるにきびや、肌荒れにも効果が期待できます。

リジュラン(サーモン注射)

有効成分『ポリヌクレオチド』という、肌の再生力を高める成分を高濃度に含有した薬液です。

線維芽細胞へ働きかけ、肌の弾力・水分保持能力が高まるため、潤いのある肌を目指すことができます。

たるみ・しわの改善に効果が期待できるため、目元の若返りに人気があります。

PRX(マッサージピール)

ダーマペンとマッサージピールの組み合わせを別名『ベルベットスキン』と言います。

美白作用のあるコウジ酸を配合したピーリング剤が、ハリのある肌に導きます。

施術後から効果を実感することが可能です。

サイトプロ

ヒト骨髄幹細胞培養液由来のサイトカインや成長因子が豊富に含んだ薬液です。

肌全体のエイジングが気になる30代~40代に人気があります。

エクソソーム

間葉系幹細胞由来のエクソソームは、肌の細胞修復・再生能力が高いため、線維芽細胞の若返りが期待できる導入液になります。

そのため、しわ・たるみ・毛穴・ニキビ跡といった、肌のすべてのお悩みにアプローチすることが可能です。

施術後から肌のハリや弾力を感じるようになりますが、エクソソームの最大の魅力は傷ついた細胞を見つけて傷を修復してくれるところです。

そのため、日がたつごとに効果を実感していくところも特徴になります。

近年医療業界や美容業界で、エクソソームの効果の高さに注目が集まっています。

ダーマペンより効果が高い『水光注射』

ダーマペンよりもっと効果が欲しい方におすすめなのは、水光注射です。

水光注射とは、専用の機械や注射で真皮層に直接美容成分を注入していく治療になります。

ダイレクトに美容成分を真皮層に届くため、肌の根本的なお悩み解決が期待できます。

美容大国の韓国では、美肌治療で一般的に浸透しており、日本でも30代~50代の美容マニアに人気の高い治療です。

一部の専門家によると、ダーマペンは針を肌で滑らせるため摩擦が生じる可能性があり、しみや肝斑が悪化する可能性があることも報告されています。

水光注射は、そのようなリスクが少ないと言われているため、肝斑のできやすい世代に人気を集めているようです。

ダーマペン+αで肌の若返り

今回は、ダーマペンと効果の高い導入液をご紹介しました。

夏の紫外線でダメージをうけたお肌には、たくさんの栄養や成長因子が必要です。

お肌のお悩みに合わせて、ダーマペン+αを選択してください。

エクソソーム治療 エクソソーム注射

投稿者プロフィール

エフミ
看護師として病院・美容クリニックを経験後、デジタルマーケティング業界へ転職。
IT×看護師で、日本人が健康に長生きできる社会を作ることが目標です。
美容や医療情報を発信していきます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる