抜け毛に悩む女性が急増。あなたにあった薄毛対策は?

ホルモンバランスや生活習慣の乱れから、抜け毛・薄毛に悩む女性が増えています。

『髪が細くなってきてボリュームがない。』『生え際が薄くなってきた。』『分け目が気になる。』

中には30代から髪の毛に悩む人も…

本記事では、薄毛や抜け毛の原因と対処法をご紹介していきます。

目次

薄毛や抜け毛が気になるあなたの『ヘアサイクル』は?

日本人の頭皮に生える髪の毛は約10万本といわれていますが、1日50~100本が抜けおちています。

髪の毛は、成長期・退行期・休止期を繰り返しており、この繰り返しを『ヘアサイクル』といいます。

成長期が長ければ長いほど、太くて長い髪の毛を育てることができます。

成長期が終わると髪の毛の成長がとまる退行期に入りますが、生え始めから約3年~5年で休止期に入ることで髪の毛が抜け落ち、新しい髪の毛がはえてくる準備がはじまります。

この正常な毛周期を繰り返すことが、健康な髪の毛の成長に大切です。

毛周期が乱れて成長期に十分に髪の毛が育たないと、髪が細くなってしまったりボリュームがなくなったと感じるようになります。

また、成長期が短くなると休止期は長くなります。そのため、新しい髪の毛が生えてくるのが遅くなってしまい髪の毛が薄くなったり分け目が気になるようになります。

薄毛になるのには、原因があります!

女性の薄毛には、さまざまな要因があります。

女性ホルモンの低下

1つ目は加齢による女性ホルモンの低下です。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性らしい体を作る他に髪の毛の成長を促す作用があります。

加齢に伴いエストロゲンの分泌が低下してくると、髪の毛の成長が促進されないため、髪が細くなったり薄くなったりしてしまいます。

女性ホルモンは20代をピークに分泌が低下し、40代から分泌量が急激に減少すると言われています。

中には、女性ホルモンのバランスの乱れから、30代でも薄毛に悩む女性もいます。

よく産後の脱毛に悩む話を聞きますが、これらの症状も女性ホルモンが関係しています。

妊娠中に高まっていたエストロゲンが、産後急激に分泌が減ることによって毛周期が変化し、産後は抜け毛が増えたと感じるようになります。

産後2か月から抜け毛が目立つようになり、産後4か月~6か月が抜け毛のピークとなります。

ほとんどが数か月で落ち着きますが、中には長い間薄毛に悩む女性もいます。

食生活の乱れ

2つ目は、食生活の乱れによるものです。

現代人は、食の欧米化に伴いファーストフードやジャンクフード、加工食品や人工甘味料を摂取する機会が増えました。

このような食事には、髪の毛の成長に必要な栄養素があまり含まれていません。

髪の成長に必要な栄養素をとっていない場合、髪がパサついてきたり、毛が細くなってしまう場合があります。

その他に、ストレス・喫煙・睡眠不足・遺伝・病気などさまざまな要因があります。

薄毛対策に、まずは十分な休息を

女性の身体はとてもデリケートなので、十分な休息をとることが大切です。

気がつかないうちに無理をしてストレスをためてしまったり、睡眠不足によって女性ホルモンのバランスを崩してしまう場合があります。

そのため、自分の体や心に耳を傾けて疲れたときは無理せずに休みましょう。

最近はお風呂をシャワーですませる人が多い傾向にありますが、湯舟につかって一日の疲れをとることで、薄毛対策を行っていくことも必要です。

湯舟につかることで、全身が温まるため頭皮の血行が良くなります。

頭皮や髪への栄養は血液によって運ばれるので、血行を良くすることで発毛を促進します。

湯舟につかって一日の疲れをとりながら、薄毛対策を行っていきましょう。

また、睡眠が不足していると頭皮が硬くなり、髪の毛に十分の栄養が行き届かない場合があります。

忙しくて十分な睡眠をとっていなかった人は、薄毛対策に毎日の睡眠時間を確保できると良いですね。

髪を育てる栄養素の基本

健康な髪の毛の育成には、食事が大切です。

コンビニやスーパーのお惣菜で食事をすませている人は、少しでも意識して食事を選びましょう。

髪の毛を育てるために重要な栄養素は以下の3つになります。

たんぱく質

髪の毛のほとんどは、ケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。

たんぱく質が不足していると、健康な髪の毛を作りだすことができなくなってしまうため薄毛の原因になります。

肉・魚・大豆・乳製品といった、良質なたんぱく質を積極的にとるように心がけましょう。

ビタミン

ビタミンには、たんぱく質の吸収を促す働きがあります。

その他にも、皮膚や粘膜を作る働き・血行を促進する働きがあります。

ビタミンは、トマトやにんじんなどの緑黄色野菜に豊富に含まれているため、たんぱく質と一緒に積極的に緑黄色野菜をとりしょう。

ミネラル

ミネラルの中でも髪の毛の育成に重要な役割を担っているのが亜鉛です。

亜鉛は、たんぱく質で作られている髪の成長をサポートする役割があります。

主に、生ガキやうなぎ、牛肉に多く含まれています。

日本人のほとんどが亜鉛不足と言われているため、サプリで亜鉛を摂取することもおすすめです。

即効性を求めるなら、エクソソームでケア

AGAや男性の薄毛治療をクリニックで行う事がスタンダードになってきましたが、女性の薄毛治療に力をいれているクリニックも増えてきています。

クリニックでの主な治療は、内服薬や外用薬(塗り薬)をつかった治療となりますが、副作用があるのが懸念点です。

妊活をしている・赤ちゃんを母乳で育ている女性は、副作用がある薬を使うことにためらいを感じてしまいますよね。

また、植毛治療もありますが手術になるため傷跡のリスクがあります。

リスクや副作用を考えて、あきらめていた人におすすめの治療があります。

それは、間葉系幹細胞(MSC)由来のエクソソームによる頭皮ケアです。

このエクソソームには、成長因子が豊富に含まれており細胞の修復と再生効果が高いため、発毛を促す作用があります。

この治療法は副作用がないうえに高い効果が期待できるということで人気が集まっています。

AGAや薄毛治療は、一般的に長い時間がかかると言われていますが、エクソソームによる頭皮治療は副作用がなく治療効果も高いため注目を集めています。

新しい薄毛・抜け毛治療で髪のお悩み撃退

薄毛や抜け毛に悩んでいる方は、食生活や生活習慣の見直しを心がけることが大事です。

それでも改善されない・クリニック治療での副作用やリスクが気になる方には、エクソソームによる頭皮治療がおすすめです。

まだ馴染みのないエクソソームですが、薄毛治療の他にも癌や難病治療に効果が期待されています。

副作用がないため安心して使用ができると言われているエクソソームでの薄毛治療。

薄毛・抜け毛に悩んでいた女性の希望となるでしょう。

エクソソーム治療 エクソソーム注射

投稿者プロフィール

エフミ
看護師として病院・美容クリニックを経験後、デジタルマーケティング業界へ転職。
IT×看護師で、日本人が健康に長生きできる社会を作ることが目標です。
美容や医療情報を発信していきます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる