自宅で減量『メディカルダイエット』医師との二人三脚で健康的に痩せる

現在、医療を用いたメディカルダイエットに人気が集まっています。

メディカルダイエットとは医療行為を用いてダイエットを行う方法で、脂肪吸引やダイエットサプリなどが代表的な手法です。

医師からのサポートもあるので安心して始められます。 また、サプリを用いた手法ではオンライン診療を活用する事で、面倒な通院の手間を省けるので自宅でも気軽に取り組めます。

今までのダイエットで運動や食事制限を行っても、リバウンドばかりで継続できなかったなどの痛い経験をしたことはありませんか。

その原因はご自身の体にそのダイエット法が合っていなかったからかもしれません。

メディカルダイエットは『過去にダイエットを失敗した…。』『なにが合っているのか分からない。』といった方々の味方です。

今回はそんなたくさんの魅力や方法があるメディカルダイエットについて詳しくご紹介いたします。

目次

メディカルダイエットとは

冒頭でも説明しましたが、メディカルダイエットは一般のダイエットやエステとは違い、医師のサポートの元で行うダイエット法です。

メディカル(医療の)力でダイエットを行うことで、自身の体に1番最適な方法で実践できるため効果が早く得られます。

とくに食事制限などはストレスが溜まりやすかったり栄養が偏るリバウンドするなどの可能性あったり、運動は時間がないや持続できないといったデメリットが存在します。

その点メディカルダイエットはストレスもかかりにくく、リバウンドもしにくいことが期待されています。

生活習慣病を見直し健康な体を作ることで体重を減らしていくことが、メディカルダイエットの目的となっています。

メディカルダイエットの主な手法については後述します。

痩身エステとメディカルダイエットの違い

激しい運動や厳しい食事制限を行わずに痩身に目指す点は、どちらも同じと言えますが実際にはなにが違うのでしょうか。

大きく異なる点は、医療行為であるのかそうではないのかです。

痩身エステでは、痩身マシンを使用したりマッサージなど特別な資格は不要です。

しかしメディカルダイエットはカウンセリングから診察、治療などの医師免許を持った医師が行います。

厚生労働省許可のもと、エビデンスのある医療器具や薬品を使用するので、安全で時間もかけずに効果を実感できます。

またエステのように癒し効果は少ないですが、二の腕や背中周りといった落としにくい部位も短時間で簡単に落とすことが可能です。

メディカルダイエットがリバウンドしにくい理由は、医師が医学的な根拠がある状態で相談に乗ってくれ、スケジュール管理をしてくれるからと言えます。

一方エステは、発汗などで一時的に体内水分量が減った状態を作り体重を減らしたり、様々な食事制限も本人の強い意思がなければ続かず、長期的なダイエットには不向きかもしれません。

メディカルダイエットの種類や方法

自分の体質を知らない=痩せない・自身損失・健康被害・リバウンドが起きやすくなってしまいます。

医師専属の元、自身の体に合った正しい方法で安全に行いましょう。

ストレスケア

ストレスが原因で太ってしまう事がありますが、心の問題を一人で解決するのはとても大変です。

メディカルダイエットでは、カウンセリングをはじめとする精神的ケアも行ってくれます。

今までのダイエットに失敗した原因や不安、なぜ太るのかなど根本的な問題にフォーカスを当て解決策を見出します。

これは、それぞれの体質や生活習慣を理解したうえで本人に合ったダイエットを推奨するために大切なことです。

今までのダイエットへの間違った認識や固定概念に気づくこともあります。

【自宅】脂肪吸収抑制剤『ゼニカル』

安全な医薬品を、日常生活に取り入れることで内面から体へアプローチできます。

ゼニカルとは脂肪を分解する働きのあるリパーゼを抑え、食事の脂肪分を吸収させにくくし、脂肪分を体内に吸収させないまま便として排出させる薬です。

食事の中に入っている脂肪分30%を排出する効果があるので、体重減少や肥満防止に効果が発揮します。

本来吸収させるはずの油を目に見えて実感できるので、不思議な体験ができます。

またゼニカル自体は吸収されることなく便と一緒に排出されるため、薬が体内に残る心配はありません。

摂取を始めた日から2週間以内で減量が始まると言われており、食後に摂取するだけなので続けやすいです。

しかし、炭水化物には効果がないので炭水化物中心の食生活の方は注意してください。

【自宅】食欲抑制剤『サノレックス』

厚生労働省が日本で唯一、認証されている痩せることを目的とした薬です。

食欲に関わる神経へ直接働きかけることで食欲を抑えられるため、食べる量が減り自然と減量に繋がります。

服用を始めてからおおよそ1か月ほどでダイエットとしての効果が現れると言われています。

長期間の使用は好ましくされていないので、3か月程度の服用を推奨されているところがほとんどです。

また暴飲暴食を抑え代謝を上げる効果があるので汗の量が必然的に増えることがあります。

この作用があるからこそ、1日なにもしてなくても消費カロリーが増加するので計画的なダイエットのサポートができます。

医師のもと正しい使用をすることは問題ないですが、自己流で服用すると思わぬ病気を招いてしまうことがあるので注意してください。

脂肪溶解注射『メソセラピー』

痩せたい部分に薬剤を注入することで、脂肪細胞を破壊することで落としにくい部位への効果も期待できます。

通常のダイエットでは運動や食事制限をやめた途端、脂肪細胞が大きくなることでリバウンドをしていました。

しかしメソセラピーでは脂肪細胞を確実に減らすため、暴飲暴食をせずダイエット中の食事ルールを継続していけばリバウンドの危険性が低くなります。

麻酔クリームを肌へ塗ってから注射するので、施術時間も10分ほどと短く痛みもほとんど感じないです。

ゆっくりと効果が出てくることが特徴であり、二重顎や下っ腹など痩せることが大変な部位ダイエットに最適です。

しかし内臓脂肪などの広範囲施術には向いていません。

脂肪吸引

部分痩せとしてもう一つ代表的なものである脂肪吸引。

こちらは注射するのとは反対で皮膚を数mm程度切開し、そこへ吸引口を差し込み余分な皮下脂肪を取り除きます。

脂肪細胞自体を取り除くためリバウンドもしにくく、大きく目立つ傷跡も残りません。

また、一度で細くなる場合が多いので何度も通院する手間が省けます。

施術部位はメソセラピー同様で顔や二の腕、お腹、太ももなどの皮下脂肪が付きやすいほとんどの部位が対象となっています。

最後のまとめ

メディカルダイエットと一言で表しても種類や方法はたくさんあります。

医師のもとでダイエットスケジュールが完成し、管理されているので確実に効果を実感できます。

その一方で、保険が適用されにくい分野なので費用が多くかかってしまう場合があります。

また選ぶクリニックによって効果や方法が大きく変わることがあるので、施術するクリニックの特徴を下調べしておくことが大切です。

自身の体や健康のためにも、実際にメディカルダイエットを行う場合は期限や回数を必ず守ってください。

まずは相談から始め、自身の体に合った方法で健康を保ちつつ、理想のからだづくりを行っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる