背中ニキビの原因はカビ⁉効果が期待できる薬やケア方法

背中ニキビにおすすめな保湿剤といえば、オートムーゲやセナキュアなどが挙げられます。

これらで毎日ケアをしているだけで完治してくれると良いのですが、現実問題はそこまで甘くないことがほとんどです…。

背中のお悩み第1位でもある『背中ニキビ』は、なかなか治りにくく、放っておくと色素沈着にもなりやすいです。

この記事では、そんな厄介な背中ニキビが起こる原因やケア方法などをご紹介致します。

目次

背中ニキビについて

背中ニキビとは、その名のとおり背中にできるニキビのことです。思春期のニキビは顔に多くみられますが、背中ニキビは年齢や性別に関係なく現れるのが特徴です。顔や背中がきれいな方でも必ずニキビ菌はお肌に存在しています。実はニキビ菌は肌の常在菌の一種だからです。正常な皮膚上ではニキビ菌が繁殖して炎症を起こすことはありません。 皮脂腺で作られた皮脂は毛穴から皮膚表面に出ていき、表面を弱酸性にして細菌の繁殖を防ぐとともに、保湿を行っています。 正常な皮膚は上手に代謝を行い、余分な皮脂が毛穴に残ることなく外に出て行くことができます。ではなぜ出来る人と出来ない人がいるのでしょうか?そのメカニズムを知り対策をとることでニキビ予防につながります。

背中ニキビの原因

背中ニキビといっても原因は全て一緒とは限りません。まずはニキビのできる原因を探っていきましょう。

引用 くすりと健康の情報局

背中ニキビは、主に「毛のう炎(毛包炎)」といわれる皮膚の病気です。毛包とは「毛穴」の奥、体毛を取り囲んでいる皮膚の組織層のことで、「毛のう」ともいいます。毛のう炎は、黄色ブドウ球菌などの細菌マラセチア菌という真菌(カビ)など、原因によって治療薬が異なります。毛のう炎は、細菌や真菌が毛包に侵入して繁殖し、炎症を起こすことで赤くブツブツした「丘疹」ができ、化膿すると膿を持つ「膿疱」ができます。背中のほかに、肩、首、デコルテ、胸、太もも、おしりなどにもできます。背中ニキビは、毛のう炎や尋常性痤瘡が混在している可能性があります。

参考:くすりと健康の情報局

この解説のとおり背中ニキビといっても、菌の種類や原因で対応が異なることはなんとなくわかりましたね。日頃から私たちがニキビって呼んでいるこの症状、じつは毛嚢炎や尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という皮膚の病気だったとは・・・!では、ニキビの症状がでやすい条件もおさらいです。

①皮脂分泌が過剰

背中は皮脂腺と汗腺が活発です。夏場は自然と皮脂腺も活発になりますし、ストレスが原因で一時的に皮脂腺が活発になる場合もあります。生理前のニキビというのもホルモンバランスの乱れで皮脂腺が活発になることで起こりやすくなります。通常のボディーソープでは落ちきれない皮脂が毛穴を詰まらせ→結果ニキビ菌がすみつく→ニキビ発生、この悪循環をつくっています。

②摩擦による乾燥・角質の肥厚

衣服によるすれ・摩擦は、角質が厚くなります。角質が厚くなることで毛穴が塞がり皮脂が出ずらくなれば、ニキビのできる原因にもなります。また、摩擦で意外にも背中が乾燥している場合も多いです。また、ブラジャーの紐や高保温機能のある化学繊維の肌着を辞めたら、何をしても治らなかったニキビが治ったという報告もあるくらい、ニキビの環境と密接に関係していたケースもあります。

③ニキビ菌の増殖・繰り返し出てきてしまう

毛穴が塞がってしまい、皮脂が毛穴の奥に溜まりだすとそこはもうニキビ菌のエサの宝庫。どんどん細菌も増え、ニキビ菌が皮脂をエサにし増殖を繰り返します。結果、炎症を起こして赤みのある化膿ニキビに。化膿すると先端に黄色い膿が出てきます。外に出られない皮脂と膿が皮脂腺を破って真皮層や皮下組織にもダメージを与えるため、高い確率でニキビ痕ができます。治っても繰り返すのは菌が潜んでいるところに、毎日作られる皮脂が溜まってくる・・。当然ニキビ菌はその皮脂を食べてまた増殖してきます。そうすると炎症が繰り返される悪循環に。

背中ニキビにおすすめの保湿剤

背中ニキビケアで有効な対策が、専用の洗浄剤や、ボディ用化粧水です。背中が皮脂で過剰にべたついている方はしっかりとニキビの原因となる古い角質や過剰な皮脂を洗い流す専用の洗浄剤を使いましょう。ここで幾つかおすすめのケアアイテムを。角質も柔らかく、菌をおさえつつ、保湿するのがベターです。スプレータイプの逆さにしても簡単に出るミストタイプがおすすめ。おしみなくジャバジャバ使えるタイプも人気です。

オードムーゲ(医薬部外品)/小林製薬 
くり返すニキビ・肌あれ予防を考えた[オードムーゲ]シリーズ。
蓄積した汚れや皮脂を取り除いて清潔にし、うるおいを与えることでニキビや肌あれが起こりにくい健やかな肌へ導きます。みずみずしい使い心地なのでベタ付かずさっぱりとした肌を作り上げます。
160mlが1,000円以下で買えちゃうところも最大の魅力です。大容量500mlも販売されているので、バシャバシャと浴びるように使いたくなってしまいます。

セナキュア(医薬部外品)/小林製薬  
くりかえしやすい背中のブツブツの原因菌を殺菌し、きれいな素肌へ改善していきます。角質をやわらかくし、毛穴のつまりを除去。くりかえすブツブツの原因菌を殺菌します。目立って気になる赤み・炎症をしずめます。なめらかな素肌へと改善します。便利なスプレータイプで塗りやすいです。

薬用 VC ボディミスト(医薬部外品)/シーボディ
背中やデコルテなどのニキビ、ニキビ痕などの肌トラブルに着目した全身に使えるスプレータイプのボディミスト。薬用成分「イソプロピルメチルフェノール」と「グリチルリチン酸ジカリウム」がボディニキビの元となるマラセチア菌やアクネ菌を殺菌し、炎症を抑え、「ヒオウギ抽出液」「セイヨウノコギリソウエキス」がホルモンバランスを整え、過剰に分泌しがちな皮脂を抑えます。

ヴァセリン/ユニリーバ・ジャパン
ワセリンを主成分としたスキンケア商品。
防腐剤無添加・無着色・無香料の低刺激処方でできているため、敏感肌な赤ちゃんも使用可能です。
高保湿なヴァセリンが、乾燥から肌を守ってくれます。

ずっとニキビが治らない原因は真菌(カビ)だった

もし上記のようなケアをしっかり行っても改善されない場合、カビが原因で治らないケースもあるので注意が必要です。真菌・マラセチア菌の炎症の場合、皮膚科での塗り薬が有効です。また、皮膚科医がよくおすすめする洗浄剤があります。

コラージュフルフル液体石鹸/持田ヘルスケア
ミコナゾール硝酸塩・・・抗真菌(抗カビ)成分「ミコナゾール硝酸塩」と殺菌成分を配合。加齢臭の元とされる[ノネナール]や、足の臭いの元とされる[i-吉草酸(イソキッソウサン)]も洗います。液体タイプはニオイやすい部分(足やワキなど)や全身洗いのように広範囲の洗浄におすすめです。

透明レスタミン石鹸/コーワ新薬
ジフェンヒドラミン塩酸塩・イソプロピルメチルフェノール配合。お肌の清浄だけでなく、殺菌・消毒の効果を兼ねた透明な石鹸です。泡立ちが良いためお肌にやさしく、また洗浄力にも優れております。汚れや細菌からお肌を守るだけでなく、体臭を抑え、にきびの発生を防ぐ効果があります。

皮膚科でお薬が処方された場合、洗浄⇒保湿⇒処方薬(軟膏)の順番でケアしましょう。

衣類も肌に低刺激の優しいものを

お肌を清潔に保ちつつ、普段から衣類で痒みが出る・ニキビが出る傾向がある方は肌に優しい素材の衣類を着用しましょう。下着は綿100%タイプがおすすめです。冬の化学繊維の肌着は暖かさがある分、暖房で汗をかきやすく、ムレてニキビ菌の増殖を増やす条件がそろいやすいです。心地よい衣類と保湿を心がけましょう。また、髪の毛がニキビを刺激して悪化させます。背中ニキビを隠したくて髪の毛を下すのはかえって逆効果です。ヘアスタイルも気をつけましょう。

刺激になりやすい髪は束ねましょう

ニキビ✕紫外線はシミの原因に

顔のニキビもですが背中ニキビは場合によって強いかゆみや痛みを伴うもの。炎症が強いニキビ・化膿ニキビに紫外線が当たると活性酸素がわき、ダメージを受けているお肌を守ろうとたくさんのメラニンが排出され色素沈着になりやすく、改善まで時間がかかります。また角質も厚くなりやすいです。ニキビケア以外にシミのケアも必要になるということです。ニキビがひどい時は背中の日焼けに気を付けましょう。日常生活のUV対策として背中が隠れるツバが広めの帽子や日傘が有効です。

シミや色素沈着は治りにくい

背中ニキビがどうしても治らない

いかがでしたか?背中ニキビって気づきにくく、気づいた頃には手遅れで全然治らないことが多いですよね…。
友人がその方法で治ったからといって、同じ方法で試しても効果が現れないこともありました。

その原因は菌の種類が違うからだったんですね!

ぜひ今回記載した専用洗浄剤・保湿剤、低刺激の衣類での改善などを、とりあえずでもいいので一通り試してみて下さい。

それでも治らない場合、または早く治したい場合は皮膚科へ行き受診をしてもらいましょう。
皮膚科ではアクネ菌・マラセチア菌の調査も行ってくれます。
特にニキビは種類によって外用薬の使い分けが大切になってきます。そんな時に専門の方の知識の元で治療を行えると安心ですね。

ニキビが出来た場合はとりあえず根気強くケアを毎日行いましょう。
現在は医療も進歩しているので塗り薬だけでなく、レーザー治療や電気治療、にきび菌の根源である皮脂腺を根本的に取り除く治療など様々な方法があります。
ニキビ跡に特化した治療法などもあるので、ニキビが中々治らないからといって諦めないでください。

自分からは見えないからと背中ケアを怠るのではなく、早め早めのケアを心掛けましょう。

投稿者プロフィール

Mami
20歳のころコンプレックスニキビ肌を克服するべく、海外の最新美容医療を受けに医療ローンと当時の貯金をつぎ込み単身海外へ。結果肌がみるみるキレイになったことからOL→エステシャンを経て美容外科クリニックのカウンセラーに転身。現在は一児のママ&サロンワーク。趣味はSNSで海外の美容法を読み漁ること。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる